厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第6回:ポタジェ

 たとえタイトルには手が届かなかったとしても、3歳クラシックの主力として健闘し、ファンの記憶に刻まれた馬はたくさんいる。そして数年後、それらの弟や妹が、兄、姉が果たせなかった夢を実現すべくクラシックを目指す――ということは、競馬界にはよくある話だ。

 今年の2歳馬にも、そんな背景を持つ馬がいる。栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するポタジェ(牡2歳/父ディープインパクト)がそうだ。


ルージュバックの半弟ポタジェ

 同馬の姉は、2015年の3歳牝馬クラシックで注目を浴びたルージュバック(牝/父マンハッタンカフェ)。デビュー戦で鮮やかな勝利を飾ると、2戦目となった2勝クラス(旧500万下)の百日草特別(東京・芝2000m)でも、圧巻の競馬を披露した。のちに重賞を制するベルーフ、ミュゼエイリアンといった牡馬を相手に、上がり33秒3の豪脚を駆使して圧勝したのだ。

 さらにファンを驚かせたのが、3戦目のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)。このレースに牝馬が参戦すること自体、異例の出来事だったが、彼女は圧倒的な1番人気に応えて見事な勝利を収めた。牝馬の優勝は、51年ぶりの快挙だった。

 牡馬相手の重賞勝ちを含めて3戦3勝という輝かしい成績から、春の牝馬クラシックでは当然、大本命の存在となった。しかし、1.6倍の1番人気に推されたGI桜花賞(阪神・芝1600m)では、流れに乗り切れずに馬群に沈んだ。まさかの9着という結果で、初めての敗戦を味わった。

 続くGIオークス(東京・芝2400m)では、リベンジを誓って積極的な競馬を展開。先行策から直線で堂々と先頭に立ち、戴冠へあと一歩というところまで迫った。が、最後にミッキークイーンに外から交わされて2着で惜敗。3歳牝馬クラシックにおいて、栄冠を手にすることはできなかった。

 結局、その後もGI制覇を遂げることはできなかったルージュバック。それでも、古馬になってから牡馬相手に重賞を3勝するなど、第一線で活躍した。

 そのルージュバックが叶えられなかったクラシックタイトル獲得へ、大きな期待がかかっているのが、弟のポタジェ。この春、同馬の育成を担当したノーザンファーム早来の熊瀬亮太調教スタッフは、この馬の資質についてこんなコメントを残している。

「(ポタジェは)体質がしっかりとしており、順調に育成を進められました。調教は動きますし、その後の疲れが溜まりにくいんですね。走る馬にはそういうタイプが多く、期待しています。デビューへ向けて、このままいきたいですね」

 現状でも十分な動きを見せているようだが、さらにもう一段階上の成長も見込めるようだ。熊瀬氏が続ける。

「(ポタジェには)まだ幼い感じがあるんですよね。それでも、レースでは能力だけで勝負になりそうですが、実際のところ、より成長しそうな雰囲気があります。『このあたりかな』と思ったところから、もう一個上にレベルアップしそうな、そんな感触を持っていますね」 豊富な成長力も予感させるポタジェ。期待の若駒は、姉が手にすることができなかったクラシックタイトルに近づくことができるのか。今後の動向が注目される逸材だ。