29日から7月1日にかけて九州に災害級大雨の恐れ「西日本豪雨に酷似」

ざっくり言うと

  • 九州地方は29日から7月1日にかけて、大雨が長く降り続く見通しとなっている
  • 福岡管区気象台などは緊急記者会見で、災害への警戒と早めの避難を勧告
  • 気象台の主任予報官は「昨年の西日本豪雨の気象条件と似ている」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x