映画『ディリリとパリの時間旅行』美しき時代<ベル・エポック>のパリを舞台にした少女の物語

写真拡大

映画『ディリリとパリの時間旅行』が、2019年8月24日(土)恵比寿ガーデンシネマほかにて全国順次ロードショー。ミッシェル・オスロ監督作。

ベル・エポック時代の美しいパリを舞台にしたストーリー

ミッシェル・オスロ監督は、『キリクと魔女』『夜のとばりの物語』を手掛けたことで知られる、フランスアニメーション界の巨匠。そんな彼が最新作で描くのは、美しき時代<ベル・エポック>と呼ばれた、19世紀末から20世紀初頭のパリを舞台にした物語だ。

主人公となるのは、ニューカレド ニアからやってきた少女・ディリリ。好奇心と正義に満ち溢れたディリリは、パリで出会った最初の友人オレルとともに、町を騒がす少女たちの誘拐事件の謎を解いていくことに。事件解決に手を貸し出すのは、キュリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、プルースト、サラ・ベル ナールら、この時代を彩った天才たち。果たして彼らは少女たちを救い出すことができるのか?

“黄金時代”のパリの光景が広がる美しいアニメーション

本アニメーションの見どころの1つとなるのは、黄金時代のパリを彩る、息をのむほどの美しい風景。夕暮れのヴァンドーム広場、着飾った人々の集うオペラ座、チュイルリー公園や凱旋門…と、アニメーションに広がる美しい景色は、監督自身が約4年間に渡り撮りためたフォトグラフをもとに制作したもの。また黄金が滴り落ちるようなオペラ座の大休憩室の豪奢な輝きは、当時の華やかさをそのままに再現している。

キャラクター紹介

物語を彩るキャラクターたちを紹介。女性の台頭が著しかった当時の次代背景を取り入れながら、劇中では、それを快く思わない悪者たちによって、虐げられる女性たちの姿も描いているという。

ディリリ
主人公である黒人の少女。ニューカレドニアからパリ行きの船に忍びこみ、伯爵夫人の助けを得てパリにやってきた。フランス語はルイーズ・ミシェルに学んだ。パリで出会った人の名前をノートにメモしている。

オレル
ディリリが初めてパリで出会った青年。配達人であり、三輪車の名手。たくさんの人と知り合いでパリの街をすみずみまで知りつくしている。

エマ・カルヴェ
ベルエポックの時代に最も有名だった実在のフランスのオペラ歌手。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場やロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスに定期的に出演するなど国際的にも活躍した。その美しい歌声は、現代世界最高のオペラ歌手の一人ナタリー・デセイが担当。

ヴァン クリーフ&アーペルもサポート

幻想的かつ現実性をもった舞台背景の中で、よい雰囲気をより20世紀初頭のパリを豊かに再現。特にファッションやジュエリーでも当時の様子をより深く再現している。

ヴァン クリーフ&アーペルはヘリテージ コレクションから2つのジュエリーのイメージを監督に提供。例えば、ソプラノ歌手エマ・カルヴェは、劇中で「コルレット ネックレス」からイメージしたジュエリーを着用している。

日本語版吹き替えキャスト

映画『ディリリとパリの時間旅行』は、日本語吹き替え版も上映。主人公のディリリを担当するのは、『3月のライオン』『駅までの道をおしえて』出演の人気子役・新津ちせ。

またディリリの友達となるオレルは、『去年の冬、きみと別れ』『Diner ダイナー』の斎藤工が務める。

音楽にガブリエル・ヤレド

音楽は、『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞最優秀作曲賞を受賞したガブリエル・ヤレドが担当。劇中で何度も歌われる「太陽と雨」を始めとする、美しい旋律で物語に彩りを与えていく。

【詳細】
映画『ディリリとパリの時間旅行』
公開日:2019年8月24日(土)
監督:ミッシェル・オスロ
音楽:ガブリエル・ヤレド
声の出演:プリュネル・シャルル=アンブロン エンゾ・ラツィト ナタリー・デセイ
日本語版キャスト:新津ちせ、斎藤工
2018年/フランス・ベルギー・ドイツ/フランス語/94分


[写真付きで読む]映画『ディリリとパリの時間旅行』美しき時代<ベル・エポック>のパリを舞台にした少女の物語

外部サイト

  • ミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーヴン・スピルバーグ監督・製作でリメイク
  • インド映画『シークレット・スーパースター』音楽の夢を追う少女のサクセスストーリー、アーミル・カーン出演
  • 映画『きみと、波にのれたら』湯浅政明監督にインタビュー“きっと、誰もが誰かにとってのヒーロー”