所属芸人が詐欺グループや指定暴力団の集まりに顔を出していたことが相次いで明らかになって、吉本興業は公式サイトで「2度とこのような事態が起こらないよう改めてコンプライアンスの徹底に全力を挙げる」とコメントしているが、イラストエッセイストの犬山紙子は「コンプライアンスの徹底だけで解決するとは思えない」と一刀両断にした。

「私が今回思うのは、コンプラだけで解決できるのか、深く疑問に思っています。なんでこんなに闇営業が起こってしまったのか、その理由はコンプラが徹底されていなかっただけなのか、会社はもっと考えるべきだと思います。

金銭だったり、(反社会的勢力と)断りきれない関係があったのではないか。はたから見てそう感じますよ」

所属タレントと契約書交わしてルール徹底

弁護士の菊池幸夫「吉本興業は所属タレントと契約書を交わしていないといいます。コンプライアンスを見直し、法律順守を徹底するなら、その一環として、まず所属タレントとの権利関係をきちっとするべきです。それが第一歩だと思いますね」

司会の加藤浩次「いずれも過去のケースで、今後どのくらい出てくるのか」