©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

7月1日(月)に放送される同番組では、お笑いコンビ・クマムシの佐藤大樹と長谷川俊輔が登場。「お互い憎悪が湧いて、コンビ仲冷えてたんだから〜先生」として授業を行う。

©テレビ朝日

クマムシは2015年2月、『あったかいんだからぁ♪』をリリースして大ヒット。『ミュージックステーション』『輝く!日本レコード大賞』『日本有線大賞』『NHK紅白歌合戦』などにも出演し、当時の最高月収は800万円にも達していたという。

ところが、絶頂を経験したクマムシは互いに激しい憎悪を抱くようになり、急激にコンビ仲が悪化していった。その背景には、“3つの要因”があったという。

今回2人は、お互いに憎しみ合うようになった当時の心情をあますところなく打ち明ける。

◆憎悪しあって壮絶ケンカまで…

さらに2人は、ブレークからわずか2年後、元柔道部で“黒帯”の長谷川がカッとなって佐藤をぶん投げてしまうほどの壮絶なケンカをやらかしていたことも告白。そして、互いに無視しあうようになった結果、仕事が激減。ほぼ芸能界から消えてしまった過去を語る。

そんなふうに憎しみ合っていた2人の心境は今…? 一時は本気で解散を考えていた2人が、今なおコンビでいるのはなぜなのか? 苦しい“しくじり”を経て気づいたことを、2人は授業で伝えていく。

授業の最後には、なんと長谷川から佐藤へ感謝の気持ちを伝えるサプライズも! 長谷川からの“あったかい”言葉に、佐藤の反応は…!?

©テレビ朝日

◆授業を終えた2人が反省コメント

授業を終えたクマムシの2人は、

「ここまで密に打ち合わせをして話し合ったことはなかったので、授業を通して昔の自分を振り返るいい機会になりました。僕ら、めちゃくちゃ仲悪かったんだなと思いました」(長谷川)
「僕らのしくじりって意外だと思っている人が多いと思います。やっぱり仲良くした方がいいですね(笑)」(佐藤)

と過去を猛反省。

また長谷川は、「AbemaTVの視聴者のみなさんには、ぜひコメント欄でいがみ合うことなくご覧いただきたいです」とも呼びかけた。

地上波放送直後に深夜0:50からお送りする「Abemaビデオ」では、クマムシの授業の“完全版”をオンエア。クマムシの2人が、しくじりのすべてを赤裸々に語る。