6月27日、会見を行う山本太郎氏(右端)と安冨歩氏(右から2人目)

写真拡大

◆今の日本でいちばんの問題は「生きづらさ」

 参議院議員・山本太郎氏が代表を務める政治団体「れいわ新選組」が6月27日午後4時から東京・四谷の事務所で記者会見を開いた。

 いったんは前日に会見がセットされたものの、野党が会期末を控え衆議院で内閣不信任案を提出したことで中止。仕切り直しとなっていた。

 会見のテーマは、蓮池透氏に続く2人目の公認候補予定者の発表。山本氏は冒頭、新たな候補者の横顔をこんなふうに紹介してみせた。

「今の日本でいちばんの問題は何かと言ったら『生きづらさ』。生きづらさの原因には経済的な困窮もある。でも何よりも、男らしさ、女らしさ、子供らしさ、母親らしさといった『こうあるべきだ』という枠にはめられて生かされ続ける現代は、まさに“地獄”であると。

 そんな中で、価値観をブレイクスルーされた方。自分らしさを最大限に解放されている方、ぜひこの方に候補者になっていただきたいと思って、お話をさせていただきました」

 一斉にカメラのストロボがたかれるなか、会見場に登場したのは安冨歩・東京大学東洋文化研究所教授。記者団からの質問を受ける前に、まず自らマイクを握った。

「今回、太郎さんから『出てほしい』という(話があった)。実はその話をいただく前には、一度握手したことがあるだけの間柄でした。そんな関係で、しかもメールで頼まれたんです。

 そんなものを引き受けるのは『どうかしてるな』と自分でも思うんですけど。でも、『今の時代に私が何かできることがあるとしたら、これは非常にいい機会ではないか』と思って、選挙に出させていただくことにしました」(安冨氏)

◆エリートが人々を“地獄”に連れて行く

 安冨氏はこう続けた。

「最も大きな目的は、先ほどご紹介いただいた通り、現代は“豪華な地獄”。見た目はとても素晴らしいが、中身は息が詰まって苦しくてたまらない。そういう社会です。

 真綿で首を絞められるんだけど、その綿はオーガニックみたいな(笑)。そこを何とかしないことには、私たちは決して幸せにはなれない。日本社会はやがて崩壊に向かっていくんじゃないかと、非常に危惧しています」

 安冨氏の専門は満州国経済史。研究を通して「エリートが真剣かつ真面目に取り組むことによって、人々を“地獄”に連れていく」という構図が見えてきたという。

 東日本大震災・福島原発事故後の2012年に『原発危機と「東大話法」』(明石書店)を上梓。“選良”の言葉遣いと立ち回りの欺瞞性を丹念に検証した。さらに、個人ブログ「マイケル・ジャクソンの思想(と私が解釈するもの)」などを通じて、「魂の脱植民地化」を訴えてきた。

 2013年からは“女性装”をするようになった。2018年には「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演し、マツコ・デラックス氏に「かわいい」と絶賛されている。

◆「政治の原則」を変えなければどうにもならない

 安冨氏は2018年、埼玉県東松山市長選挙に出馬。馬に乗ったり、選挙権のない子供たちに話しかけたりする独自の選挙運動を展開して注目を集めたが、落選している。

「普通の選挙は、政策を訴える建前になっています。だから、太郎さんもれいわ新選組もいくつかの政策を掲げて、それを推進するという“建前”になっています。でも、私は政策をどうこうして何とかなる段階ではもうない、と考えている。

 そうではなく、政治の原則を変えないといけない。私たちの住むこの“豪華な地獄”は『国民国家』という名前のシステム。これがもはや機能しなくなった。

 機能しなくなり始めたのは、第一次世界大戦のとき。もうそこから100年も経っているので、完全に機能しなくなっている。だけど、それがまだ私たちの社会の根幹になっていることに問題の本質がある」(安冨氏)