ポラール・エレクトロ・ジャパンは6月26日、GPSスポーツウォッチの新製品『Polar Ignite』を7月下旬に発売することを発表しました。希望小売価格は2万7800円(税別)。

スポーツやフィットネスのトレーニングに励む人を対象に、心拍計の機能を睡眠の計測にも応用した製品。厚さ8.45mmと薄型のデザインで日常でも装着しやすく、通常使用では5日間、GPSと心拍計測のトレーニング連続使用では18時間、バッテリーが持続します。本体カラーはBLACK、WHITE、YELLOWの3色をラインアップします。S/M/Lの3サイズで、YELLOWはM/Lのみ。

より詳細な睡眠を計測する『Sleep Plus Stages』機能を搭載。睡眠時間、就寝・起床時間に加えてレム睡眠の時間、睡眠サイクルの回数などを計測可能に。心拍数と睡眠データを分析し、睡眠スコアを算出します。

『Nightly Recharge』は、睡眠時の平均心拍数や心拍間隔時間、平均心拍数変動、1分間の呼吸数などを計測・分析することで、自律神経の状態を分析。睡眠中の自律神経が交感神経と副交感神経のどちらに優位に働いているかを見ることで、睡眠の質を分析します。『Sleep Plus Stages』の睡眠スコアと併せて、身体・メンタルの回復状態を6段階で評価が可能。

過去のトレーニング履歴や、『Nightly Recharge』で分かる体の回復状況を基に、その日のうちに実施が推奨されるトレーニングメニューを提供する『FitSpark』機能を搭載。「筋力」「カーディオ(心肺機能)」「サポーティブ(体幹・可動性)」「プログラム(自分で作ったトレーニング」の4項目についてプログラムを提示します。

『Serene 呼吸エクササイズ』は、ディスプレイに表示されるガイドに沿って息を深く吸って吐くことで、ストレスを和らげる機能。睡眠前に実行することで、睡眠の質を高める効果が期待できるとのこと。

トレーニング向けには、GPSによる距離やスピード、平均速度の計測機能、日程と距離を登録するとトレーニング実績や最近の運動量に基づくランニングプログラムを作成する機能、スイミングの計測、VO2max(最大酸素摂取量)の計測、心拍ゾーンの表示といった従来のスポーツウォッチの機能が利用できます。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』