海洋ゴミ問題の元凶と見なされているプラスチック。生分解されるまでにとんでもない時間がかかる、というのは周知の事実。つい最近はカナダが使い捨てプラスチックの使用禁止を発表するなど、世界規模の環境ムーブメントが起きています。

もっともっと多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。

ペットボトルが生分解されるまでの過程をライブ中継しているんです。

通常、1本のペットボトルが生分解されるまで450年かかると言われています。だから、このライブ中継が終わるのは……449年後になるんです。

WEBサイトよりスクリーンショット

Top image: © 2019 NOSSA™ for ANP|WWF Portugal