インド映画『ガリーボーイ』スラム街出身の実在ラッパーを描く、NASプロデュース

写真拡大

インド映画『ガリーボーイ』が、2019年10月18日(金)より公開される。

スラム街出身の実在ラッパーを描く

映画『ガリーボーイ』は、インドで活躍するラッパーNaezyの実話をもとにしたストーリー。インドのスラムで生まれ育った青年が、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。物語の背景には、インドが抱える格差、宗教的差別、抑圧された社会から解放されたいと願う若者の姿が描かれており、どうしようもない現実に真っ向から立ち向かう姿に胸を打たれる。

世界で封切りされるやいなや、2019年公開のインド映画世界興行収入第2位を記録し、映画批評家による世界最大級の映画レビューサイト「ロッテン・トマト」でも100%フレッシュという高評価を得るなど、ヒットを飛ばしている。

また、見どころの1つである圧巻のラップシーンが収められた本国版の予告編+MVのネット動画再生回数は1.1億回を超え、『アラジン』でのジーニー役が記憶に新しいウィル・スミスも自身のインスタグラムで絶賛しているという。

ランヴィール・シン主演、NASプロデュース

主演は『パドマーワト 女神の誕生』にも出演するランヴィール・シン。監督は『慕情のアンソロジー』などを手掛けた北インド界の実力派女性監督ゾーヤー・アクタル、プロデューサーはラッパーのNASが務める。

ストーリー

インドのムンバイにあるスラム出身のムラド(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラドが今の暮らしから抜け出し成功できるよう、彼を大学に通わせる為に一生懸命に働いていた。しかしムラドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友とつるみ、親に内緒で身分の違う裕福な家庭の恋人と交際していた。俺の人生はこの先も変わらない…そう思っていたムラドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生 MC Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

【詳細】
映画『ガリーボーイ』
公開日:2019年10月18日(金)
原題:Gully Boy
主演:ランヴィール・シン
出演:アーリア−・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
監督:ゾーヤー・アクタル

2018/インド/154分/日本語字幕:藤井 美佳/字幕監修:いとうせいこう/5.1ch/シネスコ
[写真付きで読む]インド映画『ガリーボーイ』スラム街出身の実在ラッパーを描く、NASプロデュース

外部サイト

  • 映画『ティファニーで朝食を』シネマコンサートが東京国際フォーラムで、オーケストラの生演奏と共に鑑賞
  • 映画『尾崎豊を探して』約400時間の映像を集約、15の夜や卒業などヒット曲に託したメッセージに迫る
  • 『ルパン三世 カリオストロの城』シネマ・コンサートがパシフィコ横浜で、生演奏とともに映画上映