付き合いが進むと、やがて男子も結婚を意識しはじめますよね。

しかし「結婚したら大変そうだな」と引かれてしますと、結婚どころか、逆に別れにつながることも。

今回は男子が「結婚したら大変」と思わず引いてしまう、そんな残念女子の特徴を5つご紹介いたします。

1、連絡にムラがある

LINEなど含めて1日で頻繁にやり取りをしたと思ったら、数日音沙汰無し。残念女子がやりがちなことです。

男子としては、「今日は時間あるのかなあ」という感じで最初の内は考えます。

ある程度時間が経ち、お付き合いが進んできても同じような状態だと「わがまま」、「何か合ったらすぐにいっぱいいっぱいになり、連絡も来なくなる」という形で気分にムラがある女性だと感じます。

連絡にムラがあると、その分感情にもムラがあると男子は考えますので、結婚して一緒にずっと居ることを想像すると、自分も気持ちが不安定になってしまうと考え、引いてしまうでしょう。

2、男子の友人が多い

LINEの連絡先など含め男子の友人が多い女子は、結婚相手としては選ばれづらいと考えましょう。

男子からすると、浮気のリスクがあると感じてしまうからです。

残念女子は、お付き合いを始めてからも、今までと同じように友人の男子とのやり取りを継続する場合があります。

一方、男子は独占欲が強いため、そういった女子の行動にストレスを感じるのです。

さらに、「結婚したとしてもそういう行動を続けるのでは」と疑ってしまう可能性が高いため、結婚相手としての魅力は薄れていくでしょう。

3、機嫌が悪くなると音信不通

喧嘩をしたり、少し嫌なことがあった場合に、機嫌が悪くなってしまうのは仕方のないことです。

一方、残念女子は、機嫌が悪いと、連絡の頻度が極端に下がり、返信などもしてこなくなります。

男子としては、結婚相手候補から外されてしまう、代表的な特徴の1つと言えるでしょう。

「連絡が取れない=結婚して生活を共にした際にリスクが高い」と男子は考えがちです。

子どものことやお金のことなど、結婚してしっかり対応しておかなくてはならないことを、感情に任せて後回しにされてしまうのではないか、そんな大きな不安を男子は感じてしまいます。

4、親・兄弟・姉妹で仲が悪い

結婚相手候補として男子が「大変そう」と考える残念女子は、自分の親、兄弟・姉妹と仲が非常に悪い傾向にあるようです。

また、家族とは全く連絡も取らず、会いたくもないといったような否定的な発言も良くします。

結婚は家族の一員となるという側面もあるため、男子としては、このような残念女子に対しては、「結婚したら、自分もないがしろにされてしまうのでは」と将来を不安に思うのです。

さらに、「そんなにぎくしゃくしている家族関係に、自分は関わりたくない」と距離を置くようになっていくでしょう。

5、金銭感覚がずれている

残念女子は「理想を語る」ことが好きですが、そのためのアクションを何もしていないことがほとんどです。

たとえば、「子どもが生まれたら、できることは何でもしてあげたい」と言いつつも、必要になるお金、時間など何も準備や計画をしていないことがあります。

男子としては、「理想だけが高い、期待だけが高い」と感じますので、結婚して、思い通りにいかないことがあると、もめるリスクがあることを察知します。

特にこういった「何かをするにはすべてお金がかかる」という金銭感覚に対してズレがある場合は危険かもしれません。

どこにどのくらいお金をかけるのかがずれている場合は、「結婚したら大変だ」と男子が引いてしまう、大きな理由になります。

おわりに

男性は女性のことを案外しっかり見ているものです。

結婚を前提としたい、結婚を意識してきた女子は、今回のヒントをぜひ参考にしてみましょう。

彼から誤解や結婚相手候補として外されないように日々の行動を見直してみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)