ハンセン病訴訟 偏見に苦しんだ家族「生き地獄のような日々」

ざっくり言うと

  • ハンセン病の元患者の家族らが、国に対し謝罪と損害賠償を求めた訴訟
  • 父が患者だった50代女性は「生き地獄の日々だった」と過去を振り返った
  • 隔離政策により差別や偏見があるとし、女性は今でも父の病気を隠している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング