サッカーに関わる仕事に就いてすでに35年以上になる。取材でどこの国に行っても、どの大会に行っても、みんなが私を温かく、笑顔で受け入れてくれる。それは、私がブラジル人だからだ。サッカーの国からやって来たからだ。

「第一に応援するのはもちろん自分の国だが、その次に応援するのはブラジルだ。私の第二の心のチームだ」と言う人にも、これまで何度も出会ってきた。陽気で楽しいプレー、誰にもできないようなテクニック、そんなブラジルサッカーのおかげで、世界の多くの人がブラジルを愛してくれている。

 日本の皆さんは、日本もこのブラジルに近づきつつあることをおわかりだろうか?

 こうした人々の親しみという気持ちを、ブラジルはW杯をはじめとした国際大会で何年もかけ獲得してきた。しかし日本は、たったの1試合で勝ち取ってしまった。少なくともブラジルではそうだ。今回のコパ・アメリカで、日本はブラジル人が応援する第二のチームとなった。 

 証拠がある。エクアドル対日本のテレビの瞬間最高視聴率は34%。およそ3500万人のブラジル人がこの試合を見たと推定されている。また日本、エクアドル、パラグアイのうち、ブラジルがどのチームと対戦してほしいかというアンケートには、73%のブラジル人が日本と答えている。

 日本対エクアドル戦が行なわれたミネイロン・スタジアムには1万2000人の観客がいた。うち1000人はエクアドルサポーター、500人は日本のサポーターだとして、1万人以上が地元のファンだった。彼らはみな日本を応援していた。この日は地元ベロオリゾンテの子どもたち2500人が招待されていたが、誰から教わったのか、日本語で「ガンバル、ニッポン、ガンバル、バル、バル」と日本に声援を送っていた。
 

エクアドルと引き分け、コパ・アメリカ敗退が決まった日本代表 photo by Watanabe Koji

 その彼らが終了25分前になって怒り出した。それは本気で応援していたからに他ならない。日本の先制後、誰もが日本は4−0で勝つと信じていたのに、その後は弱いエクアドルを、日本は攻めあぐねていた。どうしたらいいか、わからないようだった。そしてなにより、日本から「勝ちたい」という強い気持ちが感じられなかった。

 スタジアムに来ていた元鹿島アントラーズのジョルジーニョは、試合後、私にこう話しかけてきた。

「彼らは何を怖がっていたんだ? 負けること? 勝たなくてはいけないこの試合で? 僕は日本がわからない。これは彼らの試合だったはずだ。3−0で勝たなければいけない試合だったはずだ!」

「たぶん、彼らは疲れ果ててしまっていたんだろう」

 私は彼にそう言った。そう、そうでなければ説明がつかない。チームのモーターであるべき柴崎岳は、またどこかに隠れてしまった。頭をケガした後は、下がり気味で、おそるおそるプレーしているように見えた。

 久保建英は、確かに天才ですばらしい選手なのかもしれない。しかし、もう少し足元にボールをキープすることを学ばなければいけない。ブラジルのテレビ局『グローボ』によると、彼は少なくとも9回ボールを失っている。

「もし岡崎(慎司)が不調ならば、後半は別な選手に代えるべきだった」と言っていたのは、元ヴェルディ川崎のアモローゾだ。

「勝たなければ後のない日本は、命をかけたような試合をするのだと思っていた。少なくとも私はそう信じていた。しかし、その期待はあっさり裏切られてしまった。日本は世界にその力を知らしめる機会を失ってしまった。これは日本サッカーにとって大きな損失だ。なぜ前田(大然)をもう少し早く入れなかったのか。彼を温存する必要などない。この試合に勝たなければいけなかったのだから。日本はエクアドルよりずっといい試合をしていた。エクアドルよりスピードもあり、プレッシャーもかけていた」

 なぜ日本は前田と安部裕葵を終了ぎりぎりになるまで投入しなかったのか。私にも、どうしてもわからない。日本人的な理由があるのなら、ぜひ教えてほしい。特に前田は、入ってからの数分で2度もチャンスを作っている。彼にはヨーロッパのチームが注目していて、その中にはバルセロナの名前もあるというではないか。

 エクアドルのエルナン・ダリオ・ゴメス監督は、すでにコパ・アメリカを7度も経験しているベテランだが、試合後こう言っていた。

「エクアドルのメディアが、我々が敗退したことに怒っていることには驚いた。我々はコパ・アメリカで最も優秀なチームのひとつ、日本と対戦して引き分けた。優勝候補のウルグアイと血で血を洗う試合をしたチームだ。今日、エクアドルは今大会で一番いいプレーをした。日本選手のスピードとテクニックを封じることに成功した。私は誇りをもって国に帰るよ」

 奇跡など起こす必要はなかった。日本は、持てる力をすべて発揮して日本らしいプレーをすればそれでよかった。しかし、エクアドル戦ではウルグアイ戦の50%の力しか出せていなかったかのように見えた。

 多くのブラジル人が、日本とブラジルの対決を楽しみにしていた。コパ・アメリカの決勝トーナメントのひと枠を、非南米チームが得ることは、普通ならあまり快くは思われない。実際、もしカタールが勝ち上がっていたならば、少なからずスキャンダルになっていただろう。しかしそれが日本ならば、誰もが納得したはずだ。

「インテリジェンスで軽快、日本のサッカーは見ていて楽しい。彼らは勝ち進むに値するチームだった」

 ブラジルのメディアは異口同音に、そう日本の敗退を惜しんだ。日本は敗退するにふさわしくないチームだった。南米の人々は日本がコパ・アメリカの舞台から去ってしまったことを悲しんでいる。若く無名のチームが強豪を倒す。それはサッカードリームと言っていい。日本はみんなの心のチームになった。そのプレーで人々から心の国境を外したのだ。

 これが我々、南米の人間から見た日本代表だ。日本のサッカーは日本人が思っている以上にポテンシャルがある。日本人が思っている以上に人々から愛され、期待されている。だから、コパ・アメリカがいい経験になったなどと言わないで、敗退したことを心から悔しがってほしい。