ヤマト運転手の過労死が労災認定 「業務との間に因果関係」

ざっくり言うと

  • 2014年、当時46歳だったヤマト運輸の運転手が、くも膜下出血で死亡した
  • 熊本地裁は26日、業務との間に因果関係があるとして労災と認定
  • 運転手が亡くなる直前1カ月の時間外労働については102時間と算出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング