好きな人ができても、“相性が悪い”と思うと、思うように距離がはかれないのでは。

人によっては、せっかく付き合っても相性があまりよくない…と次第に気持ちが冷めてしまうかもしれません。

好きの気持ちがあってこその恋愛ですが、それだけでは付き合いは続かないのも事実です。

今回は、好きな人との相性をどうはかればいいのか。どうすれば相性が良くなるのか考えてみました。

(1)とりあえずデートをしてみる

相手を知る意味でも、デートはとても大切です。

たとえば、一緒にご飯を食べに行くにしても、相手はなにが好きで、なにが苦手なのか。どういう場所が好きなのか。

行き先ひとつ取っても、相手との相性は見えてくるでしょう。

好き嫌いもひとつの指標になると思います。感性や価値観が似ているとして、気が合う部類に入るのでは。

長い付き合いをするなら、性格やタイプが似ていることは、とても大事な要素です。

仮に合わなさそうでも、相手の好き嫌いが許容範囲なのか。相手もそれを許容し、無理なく合わせられるのか。それがお互いにできるのであれば、相性は決して悪くないと思います。

一緒にいれば、相手の好き嫌いが自分の好き嫌いになることは、往々にしてあるものです。

(2)好きという気持ちを大事にする

デートの時間、空間はどうでしょうか。たとえば会話が弾むと「相性がいい」と感じる人は多いでしょう。たとえ一緒にいても、話をしない関係は寂しいですね。

しかし、付き合ったばかりなら、緊張して思うように自分を出せない可能性もあります。お互いに受け身で消極的なら、なおさらでしょう。

大事なのは、相手と一緒にいたい気持ちだと思います。必ずしも付き合う相手と、趣味や好みが一致するとは限りません。それでも、相手が好きなら、それは何事にも代えられないほど、大事な相性です。

話が合わなくても、なんでも言える関係であれば、相性は決して悪くないと思います。

相手のことが好きなら、焦らずじっくりと付き合ってみては。

そのうち、仕事、趣味、交友関係などで、話をすることも多くなってくるかもしれません。

(3)ムリのないペースで恋をする

恋人の優先度は、人によってまちまちです。どんなに好きでも、仕事、プライベートを優先し、恋人との約束はそのあと、という男性も珍しくありません。

連絡頻度も同じです。好きな人とどれくらいの頻度で会って、連絡を取るかは、相性のひとつになってくるでしょう。

それでも、本当に寂しいときは会ったり、LINEを送ったり、構ってあげたりすることは、恋人の役割ではあるはず。

相手と関係が出来上がるまでは、なかなか会えずに我慢したり、寂しいこともあるかもしれません。

でも、好きの気持ちが本物なら、このあたりの関係性は自然と出来上がっていくのではないでしょうか。

おわりに

相性で大事なのは、なんだかんだあっても、好きの気持ちが続くことだと思います。

本当に好きと思える相手は、なかなか出会えないもの。お互いに気持ちが同じなら、相性は自然と合っていくはずです。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)