相手攻撃をはね返す日本代表DF植田直通(セルクル・ブルージュ)

写真拡大

[6.24 コパ・アメリカGL第3節 日本1-1エクアドル ベロオリゾンテ]

 最終ラインの軸として奮闘した。しかし、最後まで達成できなかったものがある。日本代表DF植田直通(セルクル・ブルージュ)は「チームに申し訳ないと思います」と声を落とした。

 2試合連続フル出場を果たしていた植田は、相棒となるDF冨安健洋(シントトロイデン)とともに最終節のエクアドル戦もスターティングメンバ―に名を連ねた。相手のハイプレスに苦しみ、思ったように攻撃を組み立てられずに失点の危機も招き、「失い方が悪いときもあった」と認めつつも、「自分たちは後ろからつないでいくスタイルを示せたと思う」と手応えも得たようだ。

 ただ、つなぐだけではない。「くさびをドンドン入れていこうと思っていたので、そういった面で僕の中で成長した部分があると思う。そういったテクニックの部分も僕はもっと上げていきたい」とボールを持った際のプレーに自身の進化を感じていた。

 だが、「かなり悔しい結果」と唇を噛んだように、エクアドルと1-1のドローに終わったチームはグループリーグ敗退が決まり、「次のラウンドに進めなかったという点が、一番の僕たちの課題。自分たちが受け止めないといけないけど、いろいろと学ぶことも皆たくさんあったと思うし、自分自身も学ぶことがったので、それをチームに戻って生かしていきたい」と今大会での経験を今後の成長へとつなげていこうとしている。

 そして、何よりも悔しかったのが「失点ゼロの試合が一つもなかった」こと。初戦チリ戦で4失点、続くウルグアイ戦で2失点、エクアドル戦前に植田自身が「4、2と来たので次はゼロ」と答えていたが、目標を達成することはできず。「そこで耐えきれなかったのは、チームに申し訳ないと思う」とディフェンスリーダーとして反省を口にした。

(取材・文 折戸岳彦)