チリ戦とエクアドル戦でフル出場した久保。持ち味は発揮した。(C)Getty Images

写真拡大

[コパ・アメリカ/グループリーグ第3戦]日本 1-1 エクアドル/6月25日/ミネイロン
 
 6月24日(日本時間25日)、日本はコパ・アメリカのグループリーグ最終戦でエクアドルと引き分け、決勝トーナメント進出を逃した。
 
 日本は15分に中島翔哉のゴールで先制するも、35分に同点に追い付かれると、第1戦のチリ戦に続いて先発した久保建英を中心にチャンスを作ったが、追加点は奪えなかった。
 
「自分が言えるのは入る日もあれば、入らない日もあるということ。そこは結果論でしかないですし、これでサッカーは終わりではないので次に進みたいです」と振り返る久保は、今大会、2試合にフル出場。「自分の力は通用したと思うか」という記者の質問には、「自分が持っているものを出せなかったら、絶望してしまう。でも、それはなかったです」と手応えを掴んだ様子だった。
 
 さらに久保は「前を向いてからのドリブルや、速いテンポのパスは、見ている時からできるだろうなと思っていましたが、実際にやってみて思惑どおりではないですが、やれることはやれたので、そこは自信を持って良いと思います」と続ける。
 
 またベテランの岡崎慎司や川島永嗣とのプレーを通じて、「経験のある選手たちは自分たちにないものを持っていますし、話を訊きました。自分たちにはガムシャラさがありますが、彼らには冷静さがあると思います。違う角度から物事を見たり、苦しい時に率先して声をかけたりもしていました」と、多くを学んだようだ。
 
 コパ・アメリカでの森保ジャパンの冒険は3試合で幕を閉じたが、久保にとってはかけがえのない日々になったはずだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)