昭和から続く、「純」粋な「喫茶」店、いわゆる純喫茶。チェーン店にはない発想やひと手間で独自の進化を遂げ、大人の男たちを魅了し続けている、“オアシス” だ。そんな純喫茶にいま、若い女性が殺到しており、密かなブームになっているという。

 純喫茶に魅了され続けている、お笑いコンビ「ダーリンハニー」の長嶋トモヒコさん(41)に、「最愛の一皿」を語ってもらった。

「ここは、俳優のキアヌ・リーブスも来店したんです。僕はニッポン放送の仕事終わりでよく来ます。

 この『元祖ピザトースト(950円)』、小腹がすいたときにちょうどいいボリュームなんです。『ホットケーキプリンバニラ黒蜜がけ(850円)』も芸術的ですよね」

 長嶋さんが純喫茶にハマったのは、大学1年生のときだという。

「当時は、武者小路実篤や太宰治の文庫本と、アコースティックギターを持って店に通いました。僕、見た目から入るタイプなので(笑)。

 そして27歳のとき、純喫茶が好きすぎて、2年ほど神楽坂の店でアルバイトをしました」

 なぜ、それほどまで純喫茶にハマったのか。

「自分の存在を消せる雰囲気が好きです。そして、和洋折衷の空間が心地いい。ステンドグラスがあるのに、どこか日本的。

 西洋に憧れてちょっと背伸びした感じは、明治時代に西洋文化を取り入れながら、外国人から『ちょっと違うかな』と言われた鹿鳴館のようです(苦笑)」

ながしまともひこ
神奈川県出身 1994年、吉川正洋とコンビを結成。相方の吉川は鉄道マニアとしても有名

【SHOP DATA】
●cafe 紅鹿舎(東京・有楽町)
・住所:東京都千代田区有楽町1-6-8松井ビル1F
・営業時間:9時30分〜23時30分
・休日:無休
・備考:
「紅鹿舎元祖ピザトースト」は、少し冷めてもチーズはトロトロ

(週刊FLASH 2019年7月2日号)