この日は「女優・大原麗子 孤独死の真相」と題し、大原が姉と慕っていた先輩女優の浅丘ルリ子に番組MCの坂上忍がインタビューするものだった。浅丘がテレビに出て大原の話をするのは初めてだとか、坂上がインタビュアーだから今回、話そうと思った、などと言っていたが、浅丘がテレビで大原の話をしているところを、何度も見ているような気がするのだが......、あれはなんだったのか。
その生涯をVTRで振り返るなかで、坂上が「森進一さんと結婚したのは知っていたが、その前に恒さん(渡瀬恒彦)と結婚していたのは知らなかった」と大げさに驚くのはどうかと思う。どちらも「スター千一夜」の映像だったが、渡瀬の遺族の同意は得ているのだろうか。遺族にしてみれば今さらこんな映像を世に出されて不愉快でしかないのでは。
そして、さすがにそこまでやるか、と思ったのが、大原の実の弟の話。森進一の子どもを宿していたが、当時、撮影中で、このままお腹が大きくなると撮り直しになるからと、子どもを堕ろしたというもの。この話を浅丘にぶつけると「知らなかった...」と絶句。姉のように慕われていたと言うわりには、相談すらされていなかったのか、と。
コンプレックスだった左目の一重まぶたを二重に整形したことで、感染症になったという話も。没後10年。今さら、そんなことを暴露しなくてもいいのに。後味の悪い番組だった。合掌。
(放送2019年6月20日21時〜)

(白蘭)