日本代表はポット1

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は今月、2022年のカタールW杯アジア2次予選(兼アジアカップ2023予選)のポット分けを発表した。最新のFIFAランキングに応じて決められ、同28位の日本代表はポット1に振り分けられた。組み合わせ抽選会は7月17日に行われる。

 アジア2次予選は9月5日に開幕。参戦する40か国は5チームずつの8グループに振り分けられ、来年6月9日の最終節までの間、各チームホーム&アウェーの8試合ずつを戦う。各組みの1位チームと、2位グループの成績上位4チームを合わせた計12チームが最終ラウンドに進出する。

 ポット分けは力関係に不均衡が出ないようにするための措置で、同じポットに入った国同士が戦うことはない。そこで注目が集まるのはポット5のカンボジア。元日本代表MF本田圭佑が実質的な監督を務めており、日本と対戦する可能性がある。

ポット分けは以下のとおり

▼ポット1

イラン

日本

韓国

オーストラリア

カタール

UAE

サウジアラビア

中国

▼ポット2

イラク

ウズベキスタン

シリア

オマーン

レバノン

キルギス

ベトナム

ヨルダン

▼ポット3

パレスチナ

インド

バーレーン

タイ

タジキスタン

北朝鮮

チャイニーズ・タイペイ

フィリピン

▼ポット4

トルクメニスタン

ミャンマー

香港

イエメン

アフガニスタン

モルディブ

クウェート

マレーシア

▼ポット5

インドネシア

シンガポール

ネパール

カンボジア

バングラデシュ

モンゴル

グアム

マカオorスリランカ