「日本の◯◯が危ない!」対戦するエクアドルのエース、警戒する

写真拡大

『El Universo』は24日、「エクアドル代表FWエネル・バレンシアは、日本の危険さを警戒した」と報じた。

コパ・アメリカ2019に参戦しているエクアドルは、初戦でウルグアイ、第2節でチリにそれぞれ敗北。勝点0でグループ最終節の日本代表戦を迎えることになった。

この大会のエクアドル唯一のゴールをPKで決めたFWバレンシアは、日本の強みを警戒するコメントを発表したという。

エネル・バレンシア

「我々は日本の試合を見たよ。チリ戦とウルグアイ戦をね。

とてもいいプレーをするチームだ。長い時間ボールを保持することを好み、後方から繋ぎ、そしてカウンターアタックがとても速い。危険なチームだ。

彼らの強みはわかっているし、我々の強みを生かしていきたい。

ウルグアイ戦と比べてチリ戦はかなり改善したが、それでも残念ながら負けてしまった。次の試合に向けていい材料があったと思わなければならない。

チリ戦のために努力をした皆のことを考えると残念だ。我々は3ポイントを獲得したかったが、それが起こらなかった。今は頭を上げて日本との試合で勝たなければならない」

【関連記事】 コパ・アメリカ2019、出場12チームのユニフォームまとめ

エクアドルと日本の試合は25日の朝8時からキックオフされる予定となっている。日本代表はこれに勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる。