クロスやロングフィードに対する日本の備えは十分だった。(C)Getty Images

写真拡大

 コパ・アメリカ、グループステージ第2戦のウルグアイ戦は、チリ戦から中2日で迎えたこともあり、先発6人を入れ替えて挑んだ。
 
 選手の入れ替えに伴い、日本はバランスが改善された。チリ戦では両サイドの前田大然と中島翔哉が、どちらも中へ入って大渋滞。本来は中でプレーするべき久保建英が、サイドに追い出される現象も多く見られた。また、前線が寄りすぎることで、ボールを奪われた瞬間、必ず4人がまとめて置き去りにされるという困った問題も発生。チリ戦の最大の反省点は、ここだろう。
 
 その点を改善したキープレーヤーが、右サイドハーフの三好康児だった。2ゴールという結果だけでなく、右サイドで幅を取り、ドリブル、裏抜け、クロスなど、ピッチを広く使ったサイド攻撃を活性化させた。また、球際に強いわけではないが、守備のポジショニングも的確で、4−4−2のMFラインを献身的にカバーしている。配置のバランスが良くなった。
 
 トップ下に入った安部裕葵も、中央ではシンプルにボールを離す。中から外へカットアウトして飛び出し、身体の強さを生かしてボールを収める。岡崎とともに、中央にスペースを空けつつ、流動性を生み出した。

 中島のプレーが大きく変わったとは思わない。守備意識が多少上がり、サイドに開く場面も増えたが、基本的に中島は中島だ。周囲との組み合わせ、つまり三好、安部、岡崎との組み合わせによって、中央の混雑は解消された。
 
 ウルグアイの特徴は、コンパクトで縦に速く、攻守のインテンシティーが高いこと。この相手と戦うためには、配置のバランス改善が絶対条件だ。それをひとまず実践出来たことは、日本が善戦した大きな要因だろう。
 
 それ以外では、ウルグアイの決定力の無さにも救われた。
 
 後半はクロスやパワープレーで多くのチャンスを作られたが、結局、得点になったのは、PKとCKの2点のみ。日本代表もチリ戦では決定機を外した上田綺世が批判され、久保建英も外したが、この試合ではスアレスやカバーニなど、ウルグアイ側に決定力が無くて助かった。
 
 ウルグアイは、チリのようにポゼッションして押し込み、じわじわと守備ブロックに穴を空けるチームではない。彼らの持ち味は、縦に速いカウンター。ボールを持たせれば、シンプルにサイドからクロスを蹴るか、パワープレーで襲いかかってくる。個の力は強力だ。もちろん、それはそれで脅威に違いはないが、冨安健洋と植田直通、さらにボランチに板倉滉が入った日本の布陣は、クロスやパワープレーの耐性が高い。今の日本、このメンバーだからこそ、ウルグアイはチリよりも与し易い相手だったかもしれない。
 
 とはいえ、後半のパワープレーを受け続ける展開は、もう少し減らせないものか。今の日本に空中戦の耐性があると言っても、さすがに食らいすぎ。攻め込まれ、セットプレーが増えれば、66分に冨安がヒメネスに競り負けたCK等の失点リスクも上がる。
 
 後半のパワープレーに対し、どうアプローチするべきか。守備面では今回、トップレベルの皮膚感覚を味わったことで、次はより高く最終ラインを保てるかもしれない。特に後半、ペナルティエリア内で空中戦を行なう場面があまりにも多かったが、その位置を外へ追い出せば、脅威はかなり減る。
 
 一方、攻撃面のアプローチはどうか。日本は自陣でボールを奪い、縦にカウンターを仕掛けた。長い距離を走った後、失敗してボールを失う。自陣へ下がる。また5分攻められっぱなし。後半の終盤にもなれば、お互いに疲労の色が濃いため、一度高い位置へ人数をかけられると、サンドバッグ状態に陥りやすい。日本がリードした試合、あるいは同点の状況ではこうした展開がよく起きるが、ウルグアイ戦も同様だった。

 ロングカウンターで攻め切ってしまうのがいいのか? あるいは、一旦ポゼッションして立て直すほうがいいのか?

 縦に攻め切ってゴールを奪えれば理想だが、そうならなかった時のダメージは大きい。ロシア・ワールドカップのベルギー戦、後半の西野ジャパンも、リードした状況でオープンな打ち合いを演じてしまったし、思い返すとハリルジャパンが先制した試合の後半も、ロングカウンターの失敗と、長いリトリートを繰り返すことが度々あった。
 
 もう少しコントロールできないものか。敵陣へ行ったら、一度ボールキープし、バックパスして立て直す。ポジションを整える。息も整える。そして、日本が5分押し込む状況にする。試合をコントロールするために、ポゼッションを使えなければ、このウルグアイ戦のようにパワープレーを受けっぱなしになる。
 
 オープンに打ち合うだけではなく、コントロールする選択肢を持てるか。後半のゲームマネージメントは、何ジャパンにかかわらず、日本代表にとっては積年の課題になりつつある。
 
取材・文●清水英斗(サッカーライター)