起訴後に勾留されていた34歳被告が死亡 直前に体調不良だった模様

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 21日、埼玉県の留置場で起訴後に勾留されていた34歳被告が死亡した
  • 同室の男から「息をしていない」と申し出があり、搬送先の病院で死亡
  • 直前の就寝点呼の際には体調が優れない様子だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x