福永祐一騎手

写真拡大

 22日に阪神競馬場で行われた第5Rで、7番ラウダシオン号に騎乗し第1着となった福永祐一騎手(栗東・フリー)は、史上6人目・現役5人目のJRA通算2200勝を達成しました。

【宝塚記念】レイデオロ キセキなどが激突!

JRA通算2200勝
福永祐一騎手コメント
「一鞍一鞍最善を尽くして一つでもいい着順をと思って、そこに専念してやっていますが、このレースに関しては人気に応えることができてよかったです。今年については、年始の目標として勝数ももちろんですが、大きなレースで存在感を示せるような結果を出したいと思っていましたので、大満足とはいきませんが、ある程度の存在感は示せているかなと思います。明日はこの春最後のG気箸覆蠅泙垢、競馬は続いていきますので、皆様方の応援をいただいて、競馬を盛り上げていただければと思います」

※JRA発表による