三好や中島(10番)の駆け引きがゴールに結びついた。(C)Getty Images

写真拡大

 優勝候補ウルグアイを相手に堂々のドロー。勝点1を獲得した若き日本代表は決勝トーナメント進出の可能性を残して3戦目につなげました。
 
 初戦大敗から中二日の日本代表は、先発6人を変更。経験ある岡崎選手と川島選手もここで起用してきました。対する初戦勝利から中三日のウルグアイ代表は怪我のベシーノの代わりにトレイラ。ベストと言っても差し支えないメンバーでした。
 
 初戦のチリ戦から日本代表が明確に修正してきたのは、安易に高い位置からプレスに行くことなく、まずは中央エリアからやや後方にコンパクトなブロックを敷くことでした。
 
「プレス」は見栄えこそ良いものの、常に「プレスバック」もセットでなければ相手にスペースを空けてしまうことになります。息を揃えて出て行けばコンパクトさは保たれますが、チリ戦のように安易に出て行った後のプレスバックを愚直に行わなければ、今の日本代表がこのクラスの相手に勝っていくことは難しいでしょう。
 

 そこで今回、日本代表が選択したのは、やや後方でのブロックでした。
 
 これは、相手2トップへの警戒と自分たちの力量、連携、コンディションなどを加味した上ではじき出された解決策だったと思いますが、加えて、この日グラウンド状態が非常に悪かったため、この戦い方は効果的だったと思います。
 
 また、態勢を整えた後は、岡崎選手や柴崎選手が主導し、時に相手にプレッシャーをかける動きも見せたことから、非常にまとまった戦いができていたと思います。
 
 攻撃に関しても、4−4−2のオーソドックスな戦いをしてくるウルグアイ相手にサイドチェンジで状況を一気にひっくり返してゴールに迫る絵も見事でしたし、実際そこから2点が生まれました。
 
 1点目の三好選手のシュートは中に走り込んだ安部選手を囮にしてゴールキーパーを出し抜いたもの。2点目の時に左サイドを破るスルーパスを出した中島選手の判断も、それまで常にドリブルで突っかけておいてからの意表をつくもの。老獪な相手と駆け引きをして最後の3分の1を制することができたのは若い選手たちにとって大きな自信になったでしょう。
 
 対して、2得点を奪われてしまったシーンでは両センターバックにとって、おそらく悔しくもとても良い教材となったでしょう。
 
 1点目の植田選手の対応は、ボールにチャレンジするか、シュートコースにチャレンジするかの判断で遅れをとり、結果的にはPKを取られてしまいました。
 
 2点目のコーナーキックでは、おそらく冨安選手はボールが蹴られた瞬間の軌道で落下地点を読んだ時に、若干ですが、球質を読み間違えてしまい、前に入られてしまいました。
 
 それ以外の徹底したウルグアイのクロス攻撃に対しては、良いポジショニングと素早い落下地点の読みで安定した対応を見せていましたから、もったいない2失点となりましたが、サッカーとは、あるいはセンターバックとはそういうものでしょう。次に繋げてほしいと思います。
 
 さて、良い内容と結果ではありましたが、ウルグアイの戦いに雑さが見られたことも言及しておきましょう。
 
 前半から、初戦に勝ったことの余裕なのか、チリに大敗した日本戦に危機感を生むのは難しかったのか、あるいは悪いピッチ状態に戸惑ったのか、どこかウルグアイの選手たちからは”軽さ”が感じられました。一つひとつの態勢が若干腰高で、「日本に得点されてからギアを上げれば良い」と考えているようにさえ見えました。

 後半に入り、ロングボールを前線に入れる戦いを徹底してきて、後半途中からは右肩上がりの布陣(2トップと右ウイング、3ボランチの4−3−1−2)にして、今度はロングボールの後に右サイドからクロス→3ボランチで拾って二次攻撃、と狙いを明確してきました。それにより、全体の意思統一がなされ、実際にゴールを脅かされたシーンも増えましたが、サッカーにおいてあのような試合の入りを見せたチームに神様は微笑んでくれないということでしょうか。

 逆に言えば、日本としては”ジャイアントキリング”の要素の詰まった試合でしたから、勝ち切りたい試合だったと思いました。
 
 とはいえ、2得点を挙げた三好選手を筆頭に、さすがの働きを見せた岡崎選手、川島選手の両ベテラン、リーダーの自覚漂う柴崎選手、何度も仕掛ける姿勢を見せ続けた中島選手と、ウルグアイ相手に随所にたくましさが見られました。
 
 そして、本当の勝負はここから。3戦目のエクアドル戦からは「勝たなければ終わり」の戦いです。勝利して、「勝たなければ終わり」の試合をもうひとつ、ふたつと続けたいところです。
 
【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。鹿島で不動のCBとし2007年から前人未踏のJ1リーグ3連覇を達成。2010年の南アフリカW杯メンバーにも選出された。現在は解説者として活躍中。