2−2の引き分けに終わったウルグアイ戦。ハイライトは1−1だったスコアが2−1に動く時だった。その直前まで、日本は猛攻を仕掛けるウルグアイに防戦一方となり、危ないシーンに連続的に遭遇していた。

 その跳ね返りのボールが三好康児(横浜F・マリノス)の鼻先に転がったのは後半14分だった。まさに逆襲におあつらえ向きの瞬間が訪れた。

 前半25分に先制点を挙げていた三好。この時間になってもプレーは乗っていた。カウンターのチャンスとばかり、果敢にもドリブルで運ぼうとした。しかし、少しばかり強引すぎた。ほどなくするとピッチの中央付近でウルグアイの守備網に捕まりそうになった。


ウルグアイ戦で2ゴールを決めた三好康児

 危ないと思った瞬間、つなぎに入ったのが安部裕葵(鹿島アントラーズ)だった。そして左サイドをサッと駆け上がった杉岡大暉(湘南ベルマーレ)の鼻先にパスを送った。第1戦のチリ戦では、その前方に位置する中島翔哉(アル・ドゥハイル)と意思の疎通が図れず、孤立傾向にあった左SBの杉岡だが、この時は、中島にボールをスムーズに預けることができた。

 中島も強気な性格なのか、通常はSBがその脇を駆け上がっても連携を図ろうとせず、単独で抜きにかかったり、カットインでシュートを狙ったりすることが多い。動きにキレはあるが、プレーが多彩かと言えば、必ずしもそうではない。この時もディフェンス網の中に単身、突っ込んでいくのかと思われた。

 だが、内へ行くと見せかけて開いた。左サイドを走る杉岡を使った。走力、左足のキック力ともに、あるレベルを超えている杉岡が、ほぼフリーで折り返す局面を迎えた。しかも半分カウンター気味で、スピード感を備えていたので、堅さに定評があるウルグアイの守備陣は整っていなかった。1、2戦を通じて、最も期待できるセンタリングの瞬間を迎えた。

 三好は、岡崎慎司(レスター)がニアポストで潰れたその後ろにいた。プッシュするだけのゴールだったが、この日2点目となる、活躍を印象づける勝ち越しゴールとなった。

 森保一監督は、0−4で敗れたチリ戦から、スタメンを6人入れ替えて臨んだ。大迫敬介(サンフレッチェ広島)→川島永嗣(ストラスブール)、原輝綺(サガン鳥栖)→岩田智輝(大分トリニータ)、中山雄太(ズウォレ)→板倉滉(フローニンゲン)、久保建英(レアル・マドリード)→安部裕葵、前田大然(松本山雅)→三好康児、上田綺世(法政大)→岡崎慎司。

 チリ戦で交代出場していた安部と岡崎以外の4人は初出場だった。3戦目のエクアドル戦はどうなるのか、定かではないが、多くの選手を試合に送り出そうとする森保監督の姿勢には好感が持てる。

 三好の活躍はその産物だった。もし久保を使えば、お互い左利きであり、2人を4−4−2的な4−2−3−1に落とし込もうとすれば、個性が被る。2人揃って先発させるには、4−3−3のインサイドハーフと逆サイドのウイングぐらいの距離感でなければ、共存は難しい。実際、この試合でも後半38分に三好が交代した相手は久保だった。安易に久保を連投させていたら、三好の活躍はなかったことになる。

 森保監督は前戦チリ戦に続き、このウルグアイ戦でも4バック(4−4−2と4−2−3−1の中間型のようだった)を使用した。

 選んだ23人の顔ぶれを眺めると、4バック時の両SBが人数的に足りていないので、当初は3バック(3−4−2−1)で戦うつもりでいたことが見て取れる。コパ・アメリカの直前にA代表が戦った、トリニダード・トバゴ戦、エルサルバドル戦で3バックを採用したのも、そのうちの9人が出場するコパ・アメリカを意識してのものと思われた。

 その計画をなぜ急遽、変更したのか。このウルグアイ戦にその答えを見た気がする。前半から後半の前半まで、日本が内容的に善戦した理由は、4−2−3−1で言うなら「3」で先発した中島、安部、三好の3人が、いい動きをしたことにある。もし3−4−2−1で戦えば、この第2列には2人しか置けないことになる。

 三好→安部→杉岡→中島→杉岡→三好とボールがつながった後半14分の得点シーンも、もし3−4−2−1を採用していたら、チャンスは途中で途切れていた可能性がある。安部がつなぎに入れなかったか、中島がサイド攻撃でコンビネーションプレーを発揮することができなかったか、どちらかが起きた可能性がある。もし前者だったら、一転、大ピンチに見舞われていただろう。

 いずれにせよ日本のセールスポイントが「3」にあることは明白だった。A代表でスタメンを張ってきた南野拓実(ザルツブルク)、堂安律(フローニンゲン)は焦ったほうがいいかもしれない。

 前半25分、三好が挙げた先制ゴールのシーン。柴崎岳(ヘタフェ)の大きな対角線キックを受けるや、マーカーのディエゴ・ラクサールを縦に外しての右足シュートは、堂安にはイメージしにくいプレーだ。

 今季から、川崎フロンターレからのレンタル選手として横浜FMでプレーする三好。チームでのポジションは4−3−3のインサイドハーフだ。4−2−3−1の「3」の右より中盤的だ。しかし、”技巧派の左利きゲームメーカー”の域に埋没していないところがいい。ドリブルで縦に抜くアタッカーとしての気質は消えていなかった。

 アタッカーなのか、単なる中盤選手なのか。この差は大きい。日本は久保を筆頭に、そのアタッカーの数が増えつつある。いい傾向だと思う。

 ウルグアイ戦。日本は後半21分、ホセ・ヒメネスに同点ゴールを奪われると、防戦一方になった。最後はアップアップの状態になった。何とか2−2で逃げたという感じだ。物足りなさを感じるとすれば、その終わり方になる。真のA代表ならどうだったのか。U−22を主体とする若いチームだから、仕方がない現象なのか。

 ベスト4もあれば、ベスト16もある。ウルグアイはロシアW杯で戦ったコロンビア、ベルギーあたりと同等の力に見える。日本がW杯でベスト8を狙おうというのであれば、もう少し攻め返すシーンが見たかった。その意味では、決勝トーナメント1回戦で戦ったベルギー戦の終盤を見るような試合だった。

 輪を掛けたのは森保監督の采配(メンバー交代)だ。ウルグアイに同点に追いつかれたその直後、森保監督は安部に代えて上田を投入した。これにより4−2−3−1は4−4−2に限りなく近づくことになった。

 安部は4−2−3−1に落とし込めば1トップ下でプレーした。しかし、実際はもう少しFW的で、4−4−「1」−1の「1」と表記した方がしっくりくる、トップ下というよりはトップ脇だった。先述した後半14分のシーンのように、トップと中盤をつなぐ役を果たしていた。

 一方、上田はストライカーだ。岡崎もしかり。中盤とトップの距離が離れたことにより、時間の経過とともに攻撃はカウンターが中心になった。

 三好を久保に代えた2人目の交代は、その16分後(後半38分)と、遅かった。久保はほとんどボールに絡めぬまま、タイムアップの笛を聞いた。そして3度目は後半43分の右SB岩田と立田悠悟(清水エスパルス)の交代になるが、これは守備固めのイメージなのか。いずれにしても、悪くなる状況は選手交代によって少しも改善されなかった。

 4−2−3−1の「3」の魅力が発揮されているときは十分対抗できるが、そうでなくなると防戦の色が濃くなる。切り札として投入した久保に、なぜほとんどボールが渡らなかったのか。

 見たいのは、強豪との、終盤になればなるほど競る戦いだ。もう1回戦えば勝てるんじゃないかと思わせる試合だ。善戦のレベルをもう一段上げないと、W杯ベスト8は現実味を帯びてこないと思う。