激しい守備を見せた植田。ただ2失点を悔いた。(C)SOCCER DIGEST
(C)Getty Images

写真拡大

[コパ・アメリカ/グループリーグ第2戦]日本 2-2 ウルグアイ/6月20日/アレーナ・ド・グレミオ

「リードする形を作っておいたのに、追い付かれたのは僕の責任でもありますし、後ろが耐え切れなかったことを含めて次に活かさなければいけません」
 
 2-2のドローで日本が勝点1を獲得したコパ・アメリカの第2戦で、悔しそうな表情を浮かべたのはCBの植田直通だ。
 
 この試合、植田が最も注目されたのは31分。自陣エリア内でエディンソン・カバーニのシュートを止めようとしたブロックが、一度は流されたが、足の裏を相手に当ててしまったとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でPKと判定されたのだ。やや可哀そうなジャッジではあったが、植田は自らのプレーを反省する。
 
 
「僕の対応が悪かったと思います。あそこで足の裏を見せた時点で結果がそうなると分かっていましたし、VARがあることをもっと認識していなくてはいけなかったです。カバーニ選手が倒れるのは当たり前。ああいうシーンになる前に対応したかったです」
 
 ちなみにこの日、植田とカバーニはドーピング検査のために、試合後に控室で遭遇したといい、「(カバーニに)写真を見せられて当たってるだろ」と言われたというエピソードも植田は披露した。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】日本2−2ウルグアイ|南米の強豪を相手に三好が代表初ゴールを含む2得点の活躍!