三好が2ゴールを決めた

写真拡大

[6.20 コパ・アメリカGL第2節 日本-ウルグアイ]

 MF三好康児が南米で名を轟かせた。前半25分、鮮やかなドリブル突破から先制点を決めていた三好は1-1で迎えた後半12分、左サイドでMF中島翔哉を追い越したDF杉岡大暉のクロスがGKに弾かれたこぼれ球に反応し、落ち着いて流し込んだ。

 FWルイス・スアレスや、FWエジソン・カバーニを擁するFIFAランク8位の強豪を相手に、ヤングジャパンが互角以上の戦いをみせているが、後半21分にCKから失点して、再び試合は振り出しに戻っている。