日本は三好のゴールで先制するも1-1で後半へ。(C) Getty Images

写真拡大

 ブラジルで開催されているコパ・アメリカの日本代表対ウルグアイ代表の一戦は、日本時間の6月21日午前8時のキックオフで、ポルトアレグレのアレーナ・ド・グレミオで行なわれている。

 日本は、初戦のチリ戦から先発6名を変更。4-4-2でスタートした日本のスタメンは、GKにベテランの川島永嗣がロシア・ワールドカップ以来の先発。DFには左から杉岡大暉、冨安健洋、植田直通、岩田智輝。中盤はボランチに柴崎岳と板倉滉が入り、2列目の左サイドに中島翔哉、右に三好康児。前線はやや下がり目に安部裕葵が入り、岡崎慎司が最前線に入った。

 立ち上がり、ウルグアイはルイス・スアレスがセンターサークル付近からロングレンジのミドルシュートを狙う。わずかにクロスバーを越え、得点とはならなかったが、いきなり日本ゴールを脅かす。

 しかし日本も中島、三好、安部ら技術の高いアタッカー陣を軸に反撃。スピーディな流れからたびたび岡崎慎司がフィニッシュに絡んでいく。そして25分、日本はカウンターから三好が右サイドをドリブルで持ち上がると、対面のDF一人をかわして右足を一閃。GKムスレラのニアサイドを破ってゴールネットを揺らす。日本が均衡を破った。

 だがウルグアイもすぐさま反撃を開始。31分、ペナルティエリア内でカバーニと植田が交錯。シュートモーションに入ったカバーニに対して、植田がブロックに入ったプレーがVARによってPKと判定されてしまう。これを35分、スアレスに沈められ、ウルグアイが試合を振り出しに戻した。

 結局、前半は1-1の同点で終了している。