Appleは現地時間6月20日、旧世代の15インチMacBook Proの一部で、バッテリーが加熱する問題が発生しているとして、バッテリーの自主回収および無償交換を行うと発表しました。

対象は旧15インチMacBook Pro

該当するのは主に2015年9月から2017年2月にかけて販売された15インチMacBook Proです。製品のシリアル番号で特定することが可能です。
 
自分のMacBook Proがバッテリー無償交換プログラムに該当するかどうかを確認するには、Macが稼働している状態で、画面の左上にあるAppleメニューから「このMacについて」を選びます。表示されたダイアログに「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」の表記を見つけたら、次にシリアル番号をAppleのサポートページ(15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム)で入力してください。
 
サポートページのリンクはこちらになります。

MacBook Proが発火したとの報告

自分のMacBook Proがバッテリー無償交換プログラムの対象だった場合は、ただちに使用を停止し、Apple StoreかApple正規サービスプロバイダ、もしくはAppleサポートに問い合わせてください。バッテリー交換には1〜2週間かかる場合があるとのことです。
 
5月末、米大手掲示板Redditユーザーが、2015年モデルのMacBook Proが突如発火したことを報告していました。
 
 
Source:Apple,15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム(Apple)
(lunatic)