「幽霊画展」東京・谷中の全生庵で、寺院で見る伝・円山応挙や伊藤晴雨らの“幽霊画”

写真拡大

「幽霊画展」が、東京・谷中の寺院「全生庵」にて、2019年8月1日(木)から8月31日(土)までの期間で開催される。

毎年開催されている「幽霊画展」では、「全生庵」の境内に墓所がある落語中興の祖・三遊亭圓朝が、怪談創作の参考に収集してきた数多くの幽霊画を展示。普段「全生庵」に非公開で所蔵されている作品を公開する、1年に1度の貴重な機会となる。

展示作品は、伝・円山応挙とされる『幽霊図』や、伊藤晴雨の『怪談乳房榎図』のほか、柴田是真、河鍋暁斎ら著名な画家たちが描いた“幽霊画”。江戸時代や近代の絵師たちのユニークな世界観を感じることが出来る。

また、2019年はNHKでドラマ化された漫画『昭和元禄落語心中』の作者・雲田はるこ、落語家・金原亭馬玉をゲストに招いたトークセッションなどのイベントも実施。三遊亭圓朝が幽霊画をコレクションしていた理由や、なぜ落語には幽霊がよく登場するのか、といったことを通して、人々が“幽霊”に見た意味と、そこから受け取れる「生」への学びを考える。

【詳細】
幽霊画展
開催期間:2019年8月1日(木)〜8月31日(土)
開催時間:10:00〜17:00(最終入場16:30)
会場:全生庵
住所:東京都台東区谷中5-4-7
拝観料:500円

■開催記念イベント「幽霊の怨返し-落語にみる情愛」
開催日:8月3日(土)
開催時間:16:00〜18:00(開場15:30)
参加費:3,000円(拝観料込)
定員:100名(事前申込制)
プログラム:住職による幽霊画展解説、ゲストと住職によるトークセッション、金原亭馬玉による怪談落語「死神」
※申し込みは7月19日(金)締め切り。
※申し込みは「幽霊画展」特設ウェブサイトより可能。


[写真付きで読む]「幽霊画展」東京・谷中の全生庵で、寺院で見る伝・円山応挙や伊藤晴雨らの“幽霊画”

外部サイト

  • 福田美術館が京都・嵯峨嵐山にオープン - 琳派など日本美術約1,500点所蔵、伊藤若冲や横山大観など
  • 展覧会「生誕 125 年記念 速水御舟」東京・広尾で、重要文化財を含む“幻の画家”の120作品
  • 特別展「江戸の街道をゆく〜将軍と姫君の旅路〜」東京都江戸東京博物館で、絵画や篤姫の婚礼道具など展示