タイ寺院に金色のベッカムやピカチュウ像、「仏教保護のシンボル」

写真拡大

[18日 ロイター] - タイの首都バンコクにあるパリワット寺院で、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元サッカー選手デービッド・ベッカムさんの金色の像が祭壇に設置され、観光客を集めている。

高さ30センチの伝統的なガルーダ様式の像で、ユニフォームを着用し、姿勢を低くし肩で祭壇を支える姿をしている。

この寺院ではリバプールのファンのために、マーベル・コミックのヒーローであるウルヴァリン、スーパーマン、アニメキャラクターのピカチュウのような他のキャラクターも屋外に飾られている。仏教の保護に役立つ優れたシンボルと考え、これらを設置したという。