中国スマートフォンベンダーのOppoが、ディスプレイ下にカメラを埋め込んだスマートフォンを、6月26日に発表する可能性が浮上しています。

複数社が取り組む画面下カメラ技術

Oppoは6月2日、ディスプレイ下にセルフィーカメラを埋め込んだ、ベゼルレスデザインのスマートフォンを開発中であることを示唆する動画をTwiterに投稿しました。
 

 
その翌日の6月3日にはXiaomiの副社長であるワン・シャン(王翔)氏が、同じくディスプレイ下にカメラを埋め込んだ技術について、Twitter上で詳しく説明しています。
 
またSamsungおよびVivoも、同様の技術を開発中であると報じられています。

Oppoは6月26日に発表か

ところがこの画面下にカメラを埋め込む技術競争では、Oppoが先陣を切る可能性が高まっています。
 
Oppoは6月19日、6月26日から28日まで上海で開催される次世代技術の展示会「MWC19上海」において、「フルディスプレイ」デザインの新しいスマートフォンを発表することを匂わせるポスターを公開しました。
 
MWC19上海では、Oppoの製品を含め、最新技術を投入した次世代のスマートフォンが発表されることになりそうです。
 

 
 
Source:PhoneArena
(lunatic)