福田正博 フットボール原論

■日本代表は東京五輪世代を主体にしたメンバー構成でコパ・アメリカに挑み、初戦は前回大会王者のチリを相手に0−4と大差で敗戦。次戦の相手は強豪のウルグアイ。選手招集に制限のあるなかでも手腕を発揮する森保一監督が、若手選手たちをどう導くのか。元日本代表の福田正博氏に注目ポイントを聞いた。


チリに大敗した森保ジャパン。次はウルグアイと対戦する

 森保監督はサンフレッチェ広島を率いた6年間では、2012年、2013年、2015年とJリーグを3度制覇したが、これは主力を毎シーズンのように引き抜かれながら、その穴を若手の登用でカバーして成し遂げたものだった。

 世代交代をしたくて、やったわけではない。新しい選手を使わざるを得ない状況に置かれたなかで、手もとにいる選手の力を見極めて、特徴に合わせて臨機応変にチームをつくった結果だった。

 そうした広島時代と、今回のコパ・アメリカは似たような状況にある。本来ならば南米各国が本気の戦いをする舞台には、フルメンバーの日本代表で臨みたかったはずだ。しかし、さまざまな制約があるなかで、若手にチャンスを与えざるを得ない状況となってしまったが、それでも森保監督なら若い選手たちのレベルを大きく引き上げる機会に変えてくれるのではないかと期待している。

 久保建英を含む東京五輪世代の選手にとって、FW岡崎慎司、MF中島翔哉と柴崎岳、DF植田直通、GK川島永嗣という経験豊富な選手たちと3〜4週間ほど一緒に過ごせるメリットは大きい。とりわけ、岡崎や川島は、ピッチ外での振る舞いも模範的だからこそ、長く日本代表を務めることができているのだ。試合に向けての準備や、試合に出られない場合のベンチでの振る舞い。そうしたものを若い世代はしっかりと学んでもらいたい。

 守備陣はGKには広島でブレイク中の大迫敬介がメンバー入りして、冨安健洋を軸に、植田直通や板倉滉、立田悠悟らを組み合わせて、中盤の守備的な位置には柴崎岳と、もうひとりを中山雄太、渡辺皓太、松本泰志らがつとめるのだろう。

 いまや日本代表でも圧倒的な存在感を示している冨安は、1対1、フィード能力、空中戦とどれも高い能力があるが、展開の先を読む力がとても高い。若い選手は試合によって波があるものだが、冨安は予測力が高く安定感があり、なにより一歩目の動き出しが抜群に早い。

 日本代表CBは冨安のほかに、今大会は招集外の吉田麻也、昌子源、畠中槙之輔がいる。この4選手と代表レギュラーの座を争える選手が台頭することにも期待したい。

 191cmある立田悠悟は清水エスパルスでCBでのスタメン定着が期待されていたものの、フィジカルの強さがある分、前に食いつきすぎてしまい、まだプレーに粗さがある。相手のレベルが高くなると、フィジカルの強さだけでは通じないだけに、彼にとってコパ・アメリカが精度を高めるきっかけになればと思う。

 守備的MFは、チリ戦に出場した中山雄太が柴崎岳のパートナーとしての第一候補だろう。中山は2年前のU−20W杯で冨安とCBでコンビを組んでいたが、身長181cmと世界基準で見ると大きくないこともあって、守備的MFに活路を見出しているのだろう。左利きでキック精度が高く、クレバーさもある。力強さも求められるポジションを務める中山が、ここでひと皮向けるか注目している。

 守備的MFのポジションは、渡辺や松本のほかに、冨安も板倉もプレーできる。CBとの兼ね合いで誰が起用されても不思議ではないだけに、今後、森保監督がどんな人選をするのか興味深い。

 最も注目しているのが、森保監督が両サイドにどの選手を起用するかだ。あらためて言うまでもないが、フォーメーションというのはあくまで選手の並びに過ぎない。3−4−2−1であっても、4−2−3−1であっても、どこのポジションに誰を起用するかによって、フォーメーションそのものの性格は大きく変わる。

 たとえば、3−4−2−1の「4」の左は長友佑都、右は酒井宏樹がつとめると、彼らの特長は守備力とサイドからのクロスで、左に原口元気、右に伊東純也を起用すると、彼らの持ち味は相手陣深くまで進入するプレーにある。つまり、起用する選手によって戦い方は違ってくるということだ。

 森保監督もそのことは十分に理解していて、広島時代、サイドに攻撃に特長のある選手を起用した理由を、「そういうタイプの選手しかいなかったから」と語っていたが、「形にはこだわらず、手もとにいる選手で勝てるサッカーを模索する」のが森保監督の最大の強みだろう。

 今回は、攻撃と守備にそれぞれ特長のある選手が選ばれているが、相手に応じて誰をどこのポジションに起用するかを注目したい。菅大輝は攻撃が持ち味で、杉岡大暉なら安定感のある守備がストロングポイント。3−4−2−1の右サイドには原輝綺のほか、伊藤達哉を使うことも考えられる。伊藤は2シャドーでもプレーできる選手だが、彼の特長を踏まえれば攻撃に厚みを加えるためにサイドで起用することもオプションのひとつだ。

 3−4−2−1の場合、1トップ下の2シャドーに久保建英と中島翔哉が入ると予測するのが妥当だが、このポジションには三好康児や安部裕葵もいる。2022年W杯カタール大会を見据えれば、中島を「4」の左サイドで起用する絶好の機会とも言える。

 森保監督はこれまで日本代表と東京五輪を兼務するメリットを活かし、日本代表戦のなかでメダル獲得を目標にする東京五輪世代を強化してきた。攻撃の軸になる堂安律(今大会不参加)と、守備の要である冨安に経験を積ませ、自信を深めさせた。ただし、そうは言っても東京五輪でのメダル以上に、ワールドカップで結果を残すことも重要だ。

 前回W杯ロシア大会では日本代表はコロンビアに勝利したが、それまでのW杯で日本が南米勢に勝ったことはなかった。しかも、コロンンビア戦は相手がひとり退場して人数で優位に立った結果だ。そうした苦手意識があるなかで、東京五輪世代が南米選手権を経験できるのは、これ以上ない貴重な機会だろう。

 南米各国からすれば、五輪代表を中心に臨む日本代表に「なめられた」と感じていても不思議はない。対戦相手はどこであれ試合立ち上がりの一発目からガツンとあたってくるだろうし、フルパワーで戦ってくるはずだ。将来のW杯を見据えても、若手にとっていい経験になるのは間違いない。無論、選手たちは経験を積むだけではなく、結果にこだわってほしい。

 今回のコパ・アメリカに臨む選手たちが、東京五輪世代の中核をつとめる可能性は高い。一方で、トゥーロン国際では同世代が史上初めて決勝に進出して準優勝。しかも、決勝戦まで無失点の圧倒的な力を見せたブラジルに対して1−1の末、PK戦で敗れた。さらに、その下の世代でU−20W杯に出場した選手には、齊藤未月を始め、将来日本代表に呼ばれても不思議ではない有望な選手がいる。

 若い世代の突き上げがあるだけに、コパ・アメリカ出場組も安泰ではない。W杯カタール大会に向けて、主力となる可能性を秘めた選手たちが豊富に揃っている森保ジャパンが、今年のW杯予選と来年の東京五輪に向けて、次のウルグアイ、エクアドルを相手にどう戦うのか目が離せない。