なでしこジャパンの最終ラインを統率する熊谷。キャプテンとしてチームをまとめ上げる。写真:早草紀子

写真拡大 (全2枚)

 アルゼンチン戦を痛恨のドローとし、グループリーグ突破へ黄信号が灯った状態で臨んだスコットランド戦で、なでしこジャパンは本来の姿を取り戻した。キックオフ直後、左サイドからの仕掛けを皮切りに、あっという間に日本の流れにしてしまった。23分という欲しい時間帯での岩渕真奈(INAC神戸)の先制弾でさらに確固たる結果としてスコアを刻むと37分には菅澤優衣香(浦和レッズレディース)が自ら得たPKを決めて2点差に。キャプテンの熊谷紗季(オリンピック・リヨン)は、この展開を最後尾で見守っていた。

 
 ドイツ・ワールドカップ優勝時にはまだまだ若手だった熊谷も、このチームではキャプテンマークを巻き、メンタル、プレーの両面の大黒柱を担っている。チーム発足時から雰囲気づくりには人一倍、気を遣ってきた。時には世界を見てきた者としての厳しい言葉も使う。それでも「下の世代でも意見を怖がらずに言えるチームにしたい」と、オンオフ問わず、すべての選手を気に掛けてきたのが熊谷だ。
 
 そんな熊谷がスコットランド戦を控えた前日に選手を集めてミーティングを行なった。ここぞというときに必ず行なわれる選手ミーティングだが、“その時”を早くも第2戦の前に感じ取ったのは、他ならぬ危機感からだった。思わぬアルゼンチンの堅守に、図らずも逃げ腰になってしまった初戦が選手たちに与えたショックは大きい。元来、ポジティブ思考の熊谷であっても、いつものムードづくりだけで乗り越えられない何かを感じていたのかもしれない。
 
 その甲斐あって、確かにスコットランド戦の選手たちのプレーは見違えるようだった。受けては立たない、先手必勝。その先に生まれた先制弾の際も、PKによる追加点の際も熊谷は最後尾で喜びのあとの選手を出迎えるのではなく、最前線にまで駆け上がり、歓喜の輪に加わった。ゴールした選手はその後ベンチにも駆け寄る。このチームではあまり見られない場面だ。それだけ結束が強まったのだと一目で理解できる。
 
 最も印象に残ったのは最後の瞬間だ。アディショナルタイムの残り時間を気にするようレフリーにアピールしながらその瞬間を待っていた熊谷。待ち望んだ笛の音が鳴り響いたとき、彼女はようやく笑顔を見せた。力強く両手の拳を握り喜びをかみしめたあとは、周りの選手と文字通りのビッグスマイルで勝利を手放しで喜ぶ姿に、圧し掛かっていたプレッシャーの重さを感じずにはいられなかった。
 
 この1勝がもたらしたものは勝点3に止まらない。間違いなく、チームとして世界と戦う実感を初めて得た1試合になった。多少、見込み違いな星計算ではあったが、最終戦のイングランドとの直接対決でグループリーグ突破順位が決するというのは想定通り。すでに他グループの結果から決勝トーナメント進出は決定している日本とイングランドだが、当然目指すところは同じく首位通過だ。3月のShe believesCupでの対決は0-3で日本が完敗しているが、その際熊谷はゲームには出ていない。本大会を睨んでお互いに手の内は完全に見せてはいない状態であったが、この試合だけでも十分に世界ランキング3位の実力を見せつけられた。
 

 相手がランキング上位チームであろうと、“絶対”はない。幾度も下馬評を覆してきたのがなでしこジャパンだ。「立ち上がりから前から行きます!」熊谷はイングランド戦の入り方を迷うことなく力強く言い切った。いきなりトップギアで仕掛ける強さを持つイングランド相手に、先手を取れるのか。キックオフ直後のつば競り合いでどちらが優位に立てるかで、その後の展開が左右されるだろう。なでしこたちの立ち上がりの勢いがポイントになりそうだ。
 
取材・文●早草紀子