岸見一郎氏(著者提供)


「老後2000万円」問題に注目があつまっている。その解釈や是非はいったん置いておいたとしても、一つ明らかなのが、誰しも「定年後」や「老後」に大きな不安を抱えているという事実だ。

 より良い人生を生きるために、定年をどう考えるべきなのか。いま、すべきことは何なのか。

 アドラー心理学研究における第一人者で『嫌われる勇気』などのベストセラーがある岸見一郎氏による「定年をどう生きるか」。

※本稿は『定年をどう生きるか』(岸見一郎・著/SBクリエイティブ)より一部抜粋・編集したものです。

定年のための準備とは

「不安」の正体がはっきりすれば、定年を待たずとも、今から何をしなければならないかがわかります。

 今考えないでいいことを考えないこと、今考えないといけないことだけを考えることが定年の準備になります。これは、人生をどう見るかということにも関わってきます。

 今から準備なしに定年後の人生を始めるとしても、それほど難しいことをしなければならないわけではありません。ただし、自分の考えを大きく変えなければならないので、長い間馴染みだった考えを変えるためには勇気が必要です。

「勇気」という言葉を使ったのは、従前とは違う考えや生き方を採用しようとすると、次の瞬間に何が起こるか予測できないという不安が伴うからです。多くの人は今までの考え方、生き方が不自由で不便なものであることがわかっていても、馴染みのものに固執していたいのです。

 少し先取りしていえば、人は「今ここ」を生きているのですから、未来のことを今考えても意味がないということです。意味がないというより、今、未来のことを考え、未来のことについて何かができるわけではありません。

 未来は「未だ来てない」のではなく「ない」からです。起こることは起こりますが、起こらないことは起こりません。自分の力でできることもあればできないこともあります。

 大抵のことは「今ここ」ではどうすることもできないので、できないことについて今何かしようと思わなくていいのです。

 定年に準備は必要かという時の準備とは、未来に向けてではなく、「今のための」準備です。

 今は「未来のことを考えない」というのが生き方の指針になります。不安は未来に関わる感情ですから、未来を手放せば不安から自由になることができます。定年後に何が起こるかは未来のことなので、そのことについて今考えることはできません。今考えられることがあれば、それは未来ではなく、「今」する準備のことです。

 あるいは、このようにいうこともできます。

 今変われないのなら、未来にも変われない、と。

 今は準備について考えているので未来のことを問題にしていますが、過去も今できることをするための妨げになることがあります。今、変わるのであれば過去は手放さなければなりません。たとえこれまでの人生で何十年、持ち続けてきた価値観であっても、今この瞬間に手放すことができます。この場合も勇気は必要です。

 何を変えるのかといえば、対人関係のあり方や自分の価値についての考え方です。それは定年を待たなくてもできることなので、「今」できる準備です。

 具体的には、まず人間の価値を生産性で見ないということです。生きることそれ自体に価値があることを知らなければなりません。これまでの人生では、何かができることが価値があることだと思ってきたとしても、これからの人生を生きる時にこの考えを変えなければ、やがて加齢や病気によっていろいろなことが少しずつ、または突然できなくなった時に、そのことを受け入れることができなくなるでしょう。

 次に、上下の関係、縦の関係から脱却し、横の関係になるということです。しかし、上下の関係、縦の関係以外の関係を知らない人は、それがどういうものかを理解することは容易ではありません。横の関係、対等の関係について考えてみたことがない人にとって、今自分が他者との間で築いている関係が縦、上下の関係であることもわかりません。どういうことなのかはこれから考えていかなければなりませんが、今からそれが理解できれば、定年後の人生はそれほど生きづらいものにはならないでしょう。

 以上の準備を定年前にできればいいのですが、定年後でも考えを変えることはできます。定年を前に今から練習することもできます。

 長年身につけた考え方を変えることが容易ではないのは、変えてしまうと次に何が起こるかわからないという不安によります。また新しい考え方が常識的な考え、社会一般の通念に反する時にも、考えを変えることに抵抗する人は多いです。

 しかし、常識とは違う考えかもしれませんが、一度その考え方を身につけると人生は違ったふうに見えてくるはずで、生き方も変わらないわけにはいきません。必要なのは最初の一歩を踏み出す勇気です。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

会社員にとっての定年とは

 所属感は人間の基本的な欲求です。会社で働く人であれば、この会社にいてもいいと思えること、この会社に自分の居場所があると感じられることです。長く会社という組織に所属してきた人は、定年で所属する組織がなくなることに不安を覚えることになります。

 会社に出勤することが決まっていれば、とりあえず、今日はどこに行くか、あるいは行かないかを迷う必要はありません。病気など特別の事情がない限り、行かないという選択肢はないからです。

 学校に行かなくなった子どもの親に私がよくいうのは、何の疑問もなく自動的に身体が学校に運ばれる子どもよりも、今は学校に行っていない子どもの方が、勉強することの意味や人生の意味などについて深く考えているということです。

 大人の場合も同じで、長年習慣化していること、例えば、人は何のために働くのかとか、なぜこの会社で働いているのかということについては、普段は考えないでしょう。

 しかし、そのようなことについて一度も考えたことのないままに定年を迎えてしまうと、いきなり空中に投げ出されたかのようになってしまいます。何でもでき、その意味では自由でも、毎日どう過ごすかということまで考えないといけないことを苦痛に感じる人もいるでしょう。

 仕事が好きであろうとなかろうと、ともかく会社に行けば、そこには仕事仲間がいましたが、定年になって通勤の必要がなくなると、朝から晩まで共同で作業をしていた人はたちまち孤独を感じます。

 私は今はもっぱら自宅で原稿を書いていますが、一人で原稿を書いている時は、仕事するようにと言う人も、休憩したらと言ってくれる人もいません。

 私が精神科の医院に勤めていた時は、職場には同僚や上司がいました。激務ではありましたが、皆で同じ空間と時間を共有しているという感覚を持って働くことができました。

 たとえ業務をしていない時間があったり、カウンセリングとカウンセリングの合間の時間でも、今は仕事をしていないと思うことはありませんでした。

 しかし、一人で仕事をするようになると、原稿も書かず、本も読まずに何もしないでいると、たちまち自分は怠けているのではないかと思ってしまうことがあります。仕事といっても私のように原稿を書く時は四六時中キーボードを打っているわけではなく、本を読んだり、考えごとをしたりしている時があるのですが、そのような時には端から見ると何もしていないように見えても、心は動いているわけです。しかし、その様子を職場で上司が見ていれば、何も仕事をしていないと思うかもしれません。

 他の人はともかく、何もしていないことを自分が受け入れることができなければ仕事にはなりません。怠けているとは思わなくても、一人で仕事していると、この何もしない時間が長く続いてはいけないと思うこともありますが、一緒に働いていれば、さほど気にならないかもしれません。

 会社を辞めると、自分で何かをしようと決めなければ何もできない時間が続きます。朝何時に起きるかも、起きてから何をするかも、すべて自分で決めなければなりません。会社に勤めていた時は通勤はつらいものでしたが、今日これからどこに行くかを考える必要はなかったので、ある意味楽だったともいえます。

 そこで、何かをしていなければ怠けているように思う人は、この何かをしなければならないという思いから脱却しなければなりません。人の価値を生産性で見ないという考えにつながっていきます。

 もう一点指摘するならば、会社に勤めていた頃は、何をするかをすべて決めなくてもよかったので、そのことに慣れてしまった人もいるでしょう。しかし、自分の意思で仕事ができないというのでは働きがいを持てなかったのではないかと思います。

 上司や会社の指示に従って働いていれば、責任を負う必要はなかったでしょう。実際には指示に従ったのであれば、従ったということの責任はあるはずですが、定年になって、自分のことを自分で決めることが大変だと思う人は、定年前もそのことに疑問を持たなかったともいえます。

 私が職場を辞める決心をした理由の一つは継続中のカウンセリングを終えるように上司から命じられたことでした。カウンセラーが自分でカウンセリングの継続の可否を決められないような職場では働けないと思ったのです。

 どんな職場でも、自分がする仕事に一切裁量権がないようでは仕事のやる気は失せてしまいます。長年教鞭を執っていた人から、上司にどれほど管理されても、教室で生徒を教えている時には上司のことを忘れて自由に教えられてよかったという話を聞いたことがあります。

 定年後、自分でどう過ごすかを決められるというのは、本来は喜ばしいことのはずです。


筆者:岸見 一郎