Googleは6月18日、スタートアップ支援の取り組みとして、渋谷ストリームに“Google for Startups Campus”を年内に開設することを発表しました。

アーリーステージからグロースステージのスタートアップを対象に、コミュニティの構築やメンターシップといった学びと成長の場を提供するスタートアップ支援拠点。ワークスペースやコラボレーションエリア、イベントスペース、会議室などを備えた施設になるとのこと。東京はロンドン、マドリード、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワに次ぐ7番目のキャンパスとなります。

グローバルでは2018年の1年間に1万4000人が研修やメンターシップに参加、4550の雇用を生み、8億ドルの資金調達を果たした実績があるとのこと。

“Google for Startups Residency Program”と呼ばれるプログラムは、アーリーステージからグロースステージのスタートアップが半年間無料で利用でき、世界中のスタートアップとのコネクション、Googleの製品・サービスやGoogleが持つ製品開発の知見、その地域の文化に合わせたベストプラクティスが提供されます。例えば、ソウルでは女性が起業家になるチャンスが少ないことを背景に、子育て中の母親が参加できる“Campus for Mum”と呼ばれるプログラムを用意しているそうです。

参加スタートアップ企業の募集は、キャンパス開設後を予定。本日からウェブサイトが公開され、現在はニュースレターの購読が可能になっています。

Campus Tokyo
https://www.campus.co/tokyo/ja/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』