痩せない原因「塩」にあり?!

写真拡大 (全3枚)

食事制限をしているのに、なかなかうまく結果がでないダイエット。その原因「塩」にあるかもしれません。

ダイエット中、食事制限を続けているのに、なかなか体重が落ちないと感じたことはありませんか?

がんばって食事の量を減らしているのに、結果が出なくてストレスは溜まる一方!ダイエットを中断してしまったり、リバウンドしてしまう原因の一つでもありますね。

その原因「塩」にあるかもしれません。

出典:GODMake.

「塩」の役割

塩は料理の味付けの基本ですね。肉や魚、野菜など、素材の味を生かしながら、何にでも簡単に味付けができる万能調味料です。

また、塩は人間の体にとって不可欠なものです。なぜなら、塩が体内に摂取されていることで、水を体内に貯蔵しておくことができるからです。

塩辛いものを食べると喉が渇く!これは体の細胞が水分を欲しているからです。

私たちの体の細胞は、細胞の、内側(カリウム)・外側(ナトリウム)で塩分濃度を均等に保とうとする働きがあり、これを浸透圧といいます。

塩辛いものを食べると、細胞外液の塩分濃度が増して、細胞内液の水分が引っ張られて、その塩分濃度を薄めようとします。例えば、野菜に塩をかけると水が出てくる、というのと同じ現象です。

つまり、塩を摂りすぎてしまうと、体内に余分な水分をため込んでしまうということです。これが体重が落ちにくいと感じる原因の一つ、“むくみ”です。

ダイエットとむくみ

出典:GODMake.

体内の毛細血管からにじみ出た水分が、細胞間液として栄養分を隅々まで届けるために、一部は静脈へ、一部はリンパ管へ流れていきます。

そしてリンパ液は酸素や栄養素を運ぶとともに、老廃物を回収する働きもあるのですが、この流れが悪くなってしまうと“むくみ”という状態になります。

流れが悪くなっているので酸素や栄養分も供給されにくい、老廃物や余分な水分も回収されないということ、つまり、「代謝が悪い状態」になるのです。

代謝が悪いと当然食べたものをエネルギーとして消費しきれずに、脂肪として溜め込んでしまいますので、太りやすくなります。

体にむくみがでると、目に見えて、顔や脚などがパンパンに張っているように感じます。これらのことから、食事の量を減らしていても、塩を摂りすぎてしまうと、痩せにくい体になってしまうことがわかります。

減塩ポイント

出典:GODMake.

和食を代表する、みそ汁や煮物、煮魚などは、醤油や味噌が多く使われているため、塩が多く含まれている料理です。そのため、日本人にとって、塩はとても身近であり、無意識に多く摂取していることがよくあります。

では食事の中で塩を摂りすぎないためには、何をすれば良いのでしょうか?

◆塩分の多い食品を把握しましょう

麺類や汁物、肉や魚の加工品、漬物などに多く含まれています。

<塩分>カップ麺1人前:5.5gきつねうどん1人前:5.3gにぎり寿司(醤油込み):5.0g天丼1人前:4.1g塩鮭:3.5gカレーライス1人前:3.3g梅干し1個:2.0gハム3枚:2.0gみそ汁1杯:1.5gたくあん2切れ:1.5gアジの開き:1.2g

◎麺類は汁を残す

◎汁物は具沢山にして汁の量を少なくし、1日1杯までにする

◎漬物や加工品はできるだけ摂取を控える

◆カリウムを摂取することを心掛けましょう

カリウムには塩分を体外に排出する働きがあります。野菜や海藻類に多く含まれているので、積極的に摂取しましょう。

調理段階で流出しやすいので、生で食べられるものはなるべく加熱せずに摂取しましょう。

※野菜や海藻類には、食物繊維も豊富に含まれています。

<ダイエットにおける食物繊維の利点>腸内で水に溶けて、ぬるぬるとした粘性をもち、コレステロールや糖質の腸内からの吸収を妨げる胃腸内をゆっくり移動するので、満腹感が長続きする血糖値の急激な上昇を防ぐ便のかさを増やして便通を促進する

◆うま味を活用しましょう

かつお節や昆布、煮干し、干ししいたけなどから出汁をとり使用します。風味がよく、塩を控えた味付けでも満足感が得られます。

◆香味野菜を利用しましょう

ねぎやしょうが、にんにくなど、香りの強い食材を使用することで味にアクセントが付きます。

◆酸味や辛味調味料を利用しましょう

お酢やレモン、スパイスやハーブを使い、味にバリエーションを加えましょう。

◆香ばしさをプラスしましょう

食材の表面をカリッと焼くことで香ばしさが増し、味に変化が出ます。

◆味付けは食べる直前にしましょう

野菜の味付けなどは、味付けをしてから時間が経ってしまうと、野菜から水分がでてきてしまいます。すると味が薄まり、追加して調味料を使ってしまうおそれがあります。

食べる直前に味付けをして、余分な調味料の使用を控えましょう。

◆調味料は食材に付けて食べることを心掛けましょう

調味料を食材にかけて食べると、余分に調味料をかけてしまい、食べ終わった後に、皿に余分な調味料が残っていることがあります。直接食材に調味料を付けて食べることで、余分な調味料の摂取を防ぎます。

また、舌に調味料があたりやすいので、少量でも味を感じやすくなります。

塩を控えてむくみのない体に

出典:GODMake.

いかがでしたでしょうか?普段の食事で、塩分を控えて、むくみのないすっきりとした体を手に入れましょう!