平成最強!司会がうまいお笑い芸人ランキング

写真拡大

最近はバラエティー番組をはじめとしたテレビ番組で、多くのお笑い芸人が司会を務めています。では、中でも特に司会がうまいと思われているのは一体誰なのでしょうか。そこで今回は、平成最強の司会がうまいお笑い芸人について探ってみました。

1位 タモリ
2位 明石家さんま
3位 上田晋也
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「タモリ」!

オールバックのヘアスタイルに黒いサングラスがトレードマークのタモリ。2014年に放送を終了した『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)にて長年司会を務めていたことは記憶に新しいところ。細かい笑いを随所に差し込んで進行を止めることなく番組を盛り上げる姿が印象的。ゲストの話を引き出すのがうまいのもタモリの特徴。そのバランスがよいタモリの司会に好印象を抱く人が多数。現在は『タモリ倶楽部』、『ミュージックステーション』(ともにテレビ朝日系)、『ブラタモリ』(NHK)などで司会を務めています。

2位は「明石家さんま」!

誰もが認める“お笑い怪獣”明石家さんま。60歳を超えた今も常に笑顔でパワフル、短い睡眠時間以外はしゃべり倒すことで知られています。自らボケるだけでなく、周囲に周到なパスを出して笑いを誘うこともでき、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『ホンマでっか!?TV』、『さんまのお笑い向上委員会』(ともにフジテレビ系)など彼が司会を務める番組はどれも大人気。「明石家さんまがいるだけでどんな番組も面白くなる」という声が多く、2位となりました。

3位は「上田晋也」!


お笑いコンビ・くりぃむしちゅーのツッコミを担当する上田晋也。『おしゃれイズム』(日本テレビ系)、『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)等のバラエティー番組の他、『Going!Sports&News』(日本テレビ系)等のスポーツ番組などでもMCとして活躍中。テンポのよいトークと切れ味抜群のツッコミ、嫌味のないゲストいじりが絶妙だと感じている人が多数。3位となりました。

このように、実力派のお笑い芸人が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位〜43位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのお笑い芸人の司会を見て「うまい」と感じますか?

写真:タレントデータバンク
(上田 晋也|1970/5/7生まれ|男性|熊本県出身)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年5月10日〜2019年5月10日