日本代表が南米王者チリに勝つには?中島翔哉と岡崎慎司はこう考える

写真拡大

日本代表のコパ・アメリカ初戦が迫ってきた。

対戦相手はチリ代表。アレクシス・サンチェス、アルトゥロ・ビダルらを擁する彼らは昨夏のワールドカップこそ出場を逃したものの、2015、2016年のコパ・アメリカを連覇中で、今大会は王者として3連覇を目指すこととなる。

そんな相手に、東京五輪世代(現22歳以下)が主体の日本はどう戦っていけばいいのか?A代表から参加する中島翔哉と岡崎慎司が話した。

いつものように穏やかな表情で恐れることも、侮ることもないようにと戒めた中島。

一方、33歳の岡崎は「100%だけではなく120%の力を出し切って勝点を奪いに行く」と力強く語った。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカで世界を驚かせるかもしれない5名

日本代表とチリ代表のグループステージ初戦は、本日18日午前8時にキックオフ。この試合の模様は『DAZN』で生配信される。