日本マイクロソフトとソフトバンクは6月17日、オフィスや外出先からパソコンやタブレット、スマートフォンを使って固定電話で発着信ができる音声通話サービス『UniTalk』を8月1日から開始することを発表しました。

チャットによる会話を軸に、資料の共有や同時編集、ビデオ会議、各種アプリケーションとの連携といった機能を提供する『Office 365』用のコラボレーションツール『Microsoft Teams』向けのサービス。固定電話に割り当てられる電話番号形式の0AB-J番号に対応し、「050」番号ではなく「03」「06」といった地域性がある市外局番から始まる電話番号が利用可能。オフィスへの固定電話の設置や電話回線の引き込み、宅内工事をすることなく固定電話が導入でき、在宅勤務やリモートワークでも電話対応や社外からの問い合わせ対応が可能になります。料金は国内向けの音声通話1番号当たり月額800円(税別)。

発表会ではパソコンのブラウザで開いた『Microsoft Teams』から固定電話として携帯電話に電話をかけたり、逆に携帯電話から固定電話にかけた電話をパソコンのブラウザ上の『Microsoft Teams』から受ける動作を実演しました。

両社は今後、『UniTalk』のサービス拡充の一環として、AIを活用した自動翻訳機能や自動音声応答ロボットによる電話対応機能などの開発を検討しています。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』