来シーズンに向けてアイントラハト・フランクフルトは現在、スイス1部ヤングボーイズ・ベルンに所属する、ジブリル・ソウに対して関心を抱いているようだ。これは母国スイスのブリック紙が報じたもので、kickerでも確認をとっている。

 セントラル・ミッドフィルダーを本職とする22才は、2015年から2017年にかけてボルシア・メンヒェングラードバッハに所属しており、フランクフルトのヒュッター監督とはヤングボーイズにて指導を受けた関係性でもある。

 フランクフルトでは中盤の強化が期待されるところではあるのだが、しかしながら同選手に対しては海外からのさらなる関心も寄せられているところであり、さらに移籍金額も1000万ユーロを超えるとみられている。