インド・ガンジス川の分流、フーグリー川に架かるハウラー橋(2010年7月9日撮影、資料写真)。(c)DESHAKALYAN CHOWDHURY / AFP

写真拡大

【AFP=時事】インドで16日、ロープと鋼鉄の鎖で手足を縛ってクレーンで川につり下ろされ水中からの脱出マジックに挑戦したマジシャンが行方不明になり、当局が懸命の捜索を行っている。インド警察が明らかにした。

 ジャドゥガル(マジシャンの意)・マンドレーク(Jadugar Mandrake)の芸名で知られるチャンチャル・ラヒリ(Chanchal Lahiri)さん(40)は、家族、報道陣、警察が川岸から見守るなか、クレーンでガンジス(Ganges)川の分流(本流から分かれた川)、フーグリー(Hooghly)川につり下ろされた。しかしラヒリさんは時間がたっても水面に姿を見せず、当局が必死の捜索を開始した。

 ラヒリさんはAFPに対し、21年前に同じ場所で似たスタントに挑戦して成功した経験があると話していた。「防弾ガラスでできた箱の中に、錠の付いた鎖で体を縛られたまま閉じ込められた。そしてハウラー橋(Howrah Bridge)から川の中につり下ろされ、29秒かからずに脱出した」

 今回のスタントについては、「もし鎖を解けたなら魔法だ。もし解けなかったら悲劇だ」と語っていた。

 ラヒリさんは2013年に同様のスタントを試みた際、ラヒリさんが入った鍵付きのおりには明らかに目で確認できるドアがあり、ラヒリさんがそこから脱出したのを見たと複数の観客が主張した。

【翻訳編集】AFPBB News