映画『永遠に僕のもの』実在した“美しき”連続殺人犯の少年を描く、ペドロ・アルモドバル製作

写真拡大

映画『永遠に僕のもの』が、2019年8月16日(金)より全国の劇場で順次公開される。

ペドロ・アルモドバルがプロデュース

2018年にアルゼンチンでヒットを飛ばした映画『永遠に僕のもの』は、『人生スイッチ』などを手掛けたペドロ・アルモドバルによるプロデュース作品。第71回カンヌ国際映画祭では、ある視点部門への正式出品、第91回アカデミー賞では外国語映画賞アルゼンチン代表作品として選出された。

実在した“美しき”連続殺人犯の少年を描く

ストーリーは、アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年・カルリートスの、美しくも儚い青春を描き出すというもの。

主人公・カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望む全てのものを手に入れようと、窃盗、嘘を重ね、僅か数年で12名以上の殺人を犯した実在の人物、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。彼はその美しいビジュアルから「ブラック・エンジェル」「死の天使」とも呼ばれ、犯罪とは程遠いように思えるその美貌でも注目を集めた。

そんなカルリートスを演じるのは『永遠に僕のもの』がスクリーンデビューとなるアルゼンチンの新星ロレンソ・フェロ。ポスト“ティモシー・シャラメ”とも称される美しいルックスとは裏腹に、時に妖しくも脆く危うい存在感で、社会に衝撃を与えた連続殺人犯の少年を演じきる。

またカルリートスと新しい学校で出会うことになる少年・ラモン役には、チノ・ダリンが抜擢。荒々しい魅力を放つラモンは、少女のような繊細な美しさを放つカルリートスとはまるで正反対。そんな対照的な存在である2人は、いつしか互いに惹きつけられ、友情以上の感情が芽生えていくことにー。

ストーリー

1971年、ブエノスアイレス。幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがったカルリートス(ロレンソ・フェロ)は思春期に入って、窃盗が天職だと気づく。カルリートスは新しく入った学校でラモン(チノ・タリン)という青年に出会い、一瞬にして魅了される。そしてラモンの気を惹こうとこれ見よがしな態度をとる。やがて2人はいとも簡単に殺人をするまでに発展し、連続殺人へとエスカレートしていく…。

【詳細】
映画『永遠に僕のもの』
公開日:2019年8月16日(金)
監督:ルイス・オルデガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア
出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス
原題:EL ANGEL/2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.1ch/115分/字幕翻訳:原田りえ/映倫:R15


[写真付きで読む]映画『永遠に僕のもの』実在した“美しき”連続殺人犯の少年を描く、ペドロ・アルモドバル製作

外部サイト

  • 映画『トールキン 旅のはじまり』ロード・オブ・ザ・リングの原作者J.R.R.トールキンの半生描く
  • 映画『ティファニーで朝食を』シネマコンサートが東京国際フォーラムで、オーケストラの生演奏と共に鑑賞
  • 映画『サタデー・フィクション』第二次世界大戦直前の上海が舞台、オダギリジョー出演の愛と策略の物語