伊藤達哉

写真拡大

 「南米選手権・1次リーグ、日本−チリ」(17日、サンパウロ)

 サッカーの南米選手権に参戦中の日本代表は現地15日(日本時間16日未明)、サンパウロ市内で初戦のチリ戦(同18日午前8時)に向けて、冒頭15分間をのぞく非公開練習で調整を行った。

 MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)が準優勝だったトゥーロン国際のメンバーに刺激を受けた。自身も同大会のメンバーとして準決勝直前までプレー。その後は決勝でブラジルにPKの末に惜敗も「ある意味で結果出したと思うので、(五輪代表の選考)争いは熾烈(しれつ)になっていく。負けてられない」。チリ戦に向け「選手は五輪世代でもA代表だし、日本代表として戦うので結果にはこだわらないといけない。自分たちの100%は最低でも出さないと」と語った。