日本代表GK川島永嗣【写真:Football ZONE web】

写真拡大 (全2枚)

ブラジル人記者が持論展開 「今回の日本代表で、岡崎が2番目に知られているよ」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日にブラジルで行われるコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ初戦のチリ戦に向けて調整を進めている。

 日本代表のトレーニングに海外メディアも押し寄せているなか、現地ブラジルの記者も派遣されており、「今回の日本代表チームで最も有名な選手はGK川島だ」と語っている。

 6月のキリンチャレンジカップ(5日トリニダード・トバゴ戦0-0、9日エルサルバドル戦2-0)では、森保ジャパンの中核を担うFW大迫勇也(ブレーメン)やMF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)、DF長友佑都(ガラタサライ)、DF酒井宏樹(マルセイユ)らが招集されていた。コパ・アメリカでは一転して東京五輪世代の若手を中心としたメンバー編成となり、初招集13人とフレッシュな顔ぶれが並ぶ。

 15日のトレーニングで日本人プレーヤーについて尋ねてきたのが、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」の記者マルセロ・リマ・ブラガ氏だ。「今回の日本代表は若手プレーヤーが多く呼ばれたんだよね?」と確認し、日本代表プレーヤーの知名度について持論を展開。現代表で最多116試合の出場を誇るFW岡崎慎司(レスター・シティ)は2番手だという。

「今回の日本代表で、岡崎が2番目に知られているよ。岡崎はレスターでプレーして優勝も経験した。ただ欧州で決してビッグクラブとは言えないし、ブラジルではそれほど知られていないクラブなんだ」

なぜGK川島が最も有名? 「ブラジルには日本人の大きなコミュニティがあって…」

 その一方で、ブラガ氏は森保ジャパンで最も有名なのはGK川島永嗣(ストラスブール)と主張。「最も有名な選手はGK川島だ。彼はブラジル国内でよく知られているし、昨夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場して存在感を放った」と説明している。間髪入れず「なぜ川島が一番有名なんだろうね……」と続け、次のように補足した。

「ブラジルには日本人の大きなコミュニティがあって、ワールドカップの時にはそこで日本戦を毎回観戦したりする。川島が何大会も続けて出場していたから、そこからよく知られるようになったのかもしれないね」

 川島は2010年の南アフリカW杯(ベスト16)を皮切りに、2014年ブラジル大会(グループリーグ敗退)、2018年ロシア大会(ベスト16)と3大会連続出場を果たし、正GKとして全11試合にフル出場。日本のゴールマウスを守り続けた守護神は、今や森保ジャパンの“顔”とも言える存在になっているようだ。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)