「あまり似ていないと言われる方もいるんですが、僕はそっくりだと思うんですよねえ。マウンド上での所作、雰囲気を見ていると、お兄ちゃんのことを思い出しますね」

 四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズの運営に長年携わっている、広報担当の中野彰が懐かしそうに語る。言われてみると、たしかに似ている。間近で確認すると、選手名鑑で確認した顔写真よりもずっと”兄”の面影を感じる。

 視線の先にいるのは、昨年香川に入団し、今年2年目を迎える又吉亮文(またよし・あきふみ)だ。中日に在籍する又吉克樹を兄に持ち、その兄がNPB入りの夢を掴んだ四国で白球を追っている。


兄と同じ独立リーグからのプロ入りを目指す又吉亮文

 環太平洋大(岡山)から香川オリーブガイナーズへ。出身高校こそ異なるものの、その歩みの多くが兄と重なっている。プレースタイルも兄に近い”本格派サイド”。ドラフト指名候補に挙げられている又吉だが、高校野球引退時に、一度野球から離れることも考えていたという。

 浦添高(沖縄)3年の夏、又吉はベンチ外だった。グラウンドで躍動するチームメイトに声援を送りながらも、「幼少期から野球は見るよりもプレーしていたいタイプ」の又吉はどこか引っ掛かりを覚えながら夏を過ごした。

 大きな挫折を味わい、”不完全燃焼”の思いが燻(くすぶ)り続けていたが、当時のストレートの最速は110キロほど。「これで上を目指しても仕方がない」と、抱えていた感情にそっとフタをした。

 大学受験に気持ちを切り替え、「琉球大に進学して、教員免許を取ろう」と新たな目標を定めた。受験勉強に明け暮れていた高3の秋、兄・克樹が中日からドラフト指名を受けた。現在に至るまで独立リーグ出身選手の最高位である2位指名。「サクセスストーリー」として脚光を浴びる兄の姿は、消えたはずの野球への思いを再燃させるには十分過ぎるものだった。

「ドラフト指名を受けた兄の姿を見て、『野球を続けたい』という気持ちが強く芽生えました。兄も高校時代の球速は110キロくらい。そこから大学で140キロ近くまで球速を伸ばして、独立リーグに進んでいます。大学時代のピッチングを実際に見て、『ここまで成長できるんだ』と驚いた記憶も蘇ってきて、その成長のきっかけとなった環太平洋大の環境に自分も進んだらどうなるんだろう、と考えるようになりました」

 元々「2人とも私立大に進むのは……」と家庭の経済事情を苦慮していた。地元の国立大である琉球大を志望していたのもそのためだったが、「成長できるかもしれない、自分の可能性にかけたい」という気持ちが上回った。両親から進学の許しを得て、兄と同じく環太平洋大の門を叩いた。

 入学後は、高校時代の悔しさを晴らすかのように練習に打ち込んだ。体育大である同大が誇る充実した設備も後押しとなり、大学2年秋の新人戦で130キロ後半の直球を投げ込むまでに成長した。しかし、肝心のリーグ戦でのチャンスは、そう簡単に巡ってこなかった。

「自分よりも完成度の高いフォームで140キロを超えてくる同期もいましたし、何より1学年上の和田(洸輝)さん(現・JR北海道)たちがすごくて。なかなかリーグ戦でのベンチ入りや登板のチャンスを掴めませんでした」

 それでも、又吉は折れなかった。当時チームを率いていた野村昭彦氏が、エースだった和田の投球練習を毎回見に来ることを発見し、ブルペンで和田の隣をキープした。増速した直球をひとしきりアピールしたが、かけられた言葉は「又吉、腕を下げてみたらどうだ?」。当時は右のオーバーハンドだったが、特徴を出すために、サイドスローへの転向を薦められた。

 明くる日もブルペンで力投したが、かけられる言葉は変わらず「腕を下げてみろ」。又吉の腹は決まった。

「その時、『ここまで言われるならやってみよう』と覚悟を決めました。もしかすると、せっかく上がってきた球速も落ちてしまうかもしれない。でも、オーバーで投げていた3年春もリーグ戦のベンチ入りができていなかった。それなら、よくなる可能性に懸けてやってみようと」

 転向当初は「球もいかないし、違和感しかなかった」と語るように、130キロ後半に達した球速も下がっていった。しかし、サイド挑戦から約1カ月が経った頃、打者の反応が変わっていることに気づく。

「サイドに取り組んだことで、真っすぐに強さが出ました。球威が上がったことで、ストレートでファウルを取れるようにもなった。困った時に投げられる、カウントを整えられる球種に変わっていったんです」

 3年秋のリーグ戦で念願のベンチ入りを勝ち取り、チームは神宮大会出場。夢だった全国大会での登板も果たした。

 大学では、最終的に140キロにまで最速を伸ばした。入学時から約30キロの球速アップ、パワー系サイドという特色。いくつもの武器を手に入れた環太平洋大での4年間は、「間違いじゃなかった」と断言できるものだった。

「球速も上がりましたし、独立でやれるレベルまで力を引き上げることができました。3年秋、4年秋と2度の全国大会も経験させてもらえた。『ここに入ったら自分も……』という直感は間違っていなかったと思っています」

 大学卒業後は、さらなる成長への期待と周囲の勧めもあり、四国アイランドリーグplusへ。ここでも、兄と同じ香川に所属することとなった。

 1年目の2018年シーズンは、チームで2番目に多い34試合に登板。直球は最速147キロに達したが、「1年目はすべてが遅かった」と振り返る。

「1年目を終えた時、『すべてがもう少し前倒しできていればドラフトにかかったかもしれない』という思いがありました。シーズン序盤に故障離脱してしまって、キャンプでやってきた体づくりもやり直しになり、初登板も遅れをとりました。自己最速を出したのも9月、アイランドリーグのクライマックスシリーズでした。これももっと早く出せていれば、各球団の指名リストに入れたんじゃないか、と思っていて……」

 1年目のシーズン当初に掲げていたのが「最速147キロ」だった。それを達成できたからこそ、今年は高い目標を掲げている。

「今年は150キロ到達を目標にしています。スカウトの方からも『150を目指せ』という言葉をもらいましたし、NPBに行くためには必要な数字だと思っています。150キロに乗せて、パフォーマンスのムラもなくしていく。これを達成していきたい」

 力強く抱負を語る背景には、オフシーズンの充実した時間がある。地元・沖縄での自主トレ期間には、目標とするNPBの選手たちとも練習を行なった。

「沖縄のジムでトレーニングをしているとき、NPBでプレーしている方が同時刻に練習していて。兄とも親交がある方と聞いていましたし、僕が挨拶をしないのは失礼。それで、声をかけさせていただいたんです」

 元々人見知りということもあり、「かなり緊張した」と振り返るが、中日でプレーする又吉の実弟であること、現在独立リーグに所属している旨を説明。会話をするなかで、メンタルトレーナーとスカウトから聞いた言葉が脳裏をよぎった。

「できれば『自主トレに参加させてもらって勉強したい』と思いながらも、最初は言い出せずにいました。その時、メンタルトレーナーの方からの『待っていても何も起こらない。自分から行動を起こさないと変化は生まれない』という言葉を思い出したんです。それと、スカウトの方からも『マウンドには、そこまでの練習、自分の性格、生き方すべてが出る』という言葉をもらっていて。今ここで引いたら、マウンドでもそれが出る。思い切ってお願いしてみようと」

 意を決して自主トレへの参加を志願すると、その選手は快諾。当初は1日のみの予定だったが、又吉の貪欲な姿勢が評価され、最終日まで一緒に汗を流した。自主トレに帯同していたNPB球団のブルペン捕手相手に投球を行なうなど、いくつもの成長のきっかけを掴んだ。

 それだけでなく、兄・克樹がチームメイトと行なう自主トレにも参加した。当初「プロ野球選手と一緒にやって満足するだけなら意味はないぞ」と厳しい言葉をかけていた兄も、成長した又吉の姿に驚いていたという。

「兄から『お前変わったなあ』と言われました。僕が積極的に質問する姿の印象がなかったみたいで(笑)。自分で変われている実感はあまりなかったんですが、身内からそう言ってもらえると、少しは成長できているのかな、と思えるようになりましたね」

 その球歴から、兄と比較されることも多いが、又吉本人は前向きにとらえている。

「比べられたり、”又吉の弟”と見られたりするのは仕方がないと思います。それなら、むしろ兄のネームバリューを生かしていきたいと考えていて(笑)。ほかの選手よりも目に留まる、見てもらえるチャンスでもあると思うんで、そこはプラスにしていきたいですね」

 そして、こう続けた。

「『又吉の弟、たいしたことなかったわ』って言われるのは悔しい。昨年はそう言われることも少なくなかったので、今年は覆(くつがえ)せるようにしたいです」

 前期は自己最速を更新する最速149キロをマークしたが、チームは3位に止まった。チームの優勝、そして自身のNPB入りがかかる勝負の後期へ。戦いは7月に再スタートする。