U-22日本、激闘の末のPK戦で敗れ準優勝… ブラジルが5大会ぶり9度目の優勝を飾る!《トゥーロン国際大会》

写真拡大

U-22日本代表は15日、第47回トゥーロン国際大会の決勝戦でU-22ブラジル代表と対戦し、1-1で90分が終了。その後行われたPK戦の結果4-5で敗戦した。それでも日本は、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。

準決勝のU-22メキシコ代表戦をPK戦の末に勝利した日本は、その試合から先発を4人変更。メキシコ戦ゴールを挙げた相馬勇紀や神谷優太、椎橋慧也、川井歩に代えて小川航基や長沼洋一、田中駿汰、舩木翔が先発で起用された。

[3-4-2-1]のシステムを採用する日本は、最前線に小川、シャドーに岩崎悠人と旗手怜央を配置。中盤は右から長沼、高宇洋、田中碧、舩木と並べ、3バックには大南拓磨、岡崎慎、田中駿汰が起用された。

一方、準決勝でU-21アイルランド代表に快勝したブラジルは、準決勝と同じスタメンを採用。得点ランクトップのFWマテウス・クーニャやレバークーゼンに所属するFWパウリーニョ、マンチェスター・シティが保有権を持つMFドウグラス・ルイスらが先発に名を連ねた。

立ち上がり、ややブラジルにポゼッションを譲った日本は19分に失点を許す。マテウス・クーニャのラストパスを右サイドからダイアゴナルに走り込んだアントニーが日本DFの裏で受けると、ボックス内まで切り込みシュート。右ポストの内側に当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。

反撃に出たい日本だが、ブラジルの素早いファーストプレスに苦しみなかなかチャンスを作らせてもらえない。しかし日本は、相手のミスから試合を振り出しに戻す。39分、自陣からのロングフィードがムリロのクリアミスを誘うと、これをボックス左手前の小川が左足ボレーでゴール右に蹴り込んだ。

迎えた後半、日本は舩木を下げて相馬を同じポジションに投入。一進一退の展開が続く中、日本は57分にピンチ。ブラジルはボックス右まで侵入したアントニーのクロスをゴール前のマテウス・クーニャがヘディングで合わせたが、これはゴール右に外れた。

ピンチを凌いだ日本は59分、長沼のボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとパスを受けた小川がボックス右から右足を振り抜いたが、このシュートはGKイバンに阻まれた。

勝ち越しを狙う日本は、66分に岩崎を下げて三笘を投入。さらに77分、ボックス右から縦に仕掛けた際に小川が右足を負傷するアクシデントでプレー続行不可能となり、80分に神谷と交代した。

互いにシュートチャンスがなく膠着状態が続く中、90分に日本に追加点のチャンス。神谷の左CKは相手DFにクリアされた。結局、90分で決着がつかず試合はPK戦に突入。

そのPK戦では、全員が成功したブラジルに対し、日本は5人目の旗手が失敗。PKスコア5-4で勝利したブラジルが、5大会ぶり9回目の優勝を飾った。

U-22日本代表 1-1(PK:4-5) U-22ブラジル代表

【日本】

小川航基(前39)

【ブラジル】

アントニー(前19)