まさに起死回生――。岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)の一振りで、なでしこジャパンが崖っぷちから這い上がった。

 格下と目されていた世界ランク37位のアルゼンチンと、まさかのスコアレスドローというワールドカップ(W杯)フランス大会初戦の結果に、選手たちも落胆を隠せなかった。移動日を挟んで中3日。トレーニングでは、懸命に気持ちを切り替えようとしている選手たちの姿があった。


今大会初のゴールを岩渕真奈(左)が決めると駆け寄って喜びを分かちあった

 第2戦の相手は、イングランドに初戦で敗れはしたものの、1−2と大健闘を見せたスコットランド。ここで負けるようなことがあれば、日本はグループリーグ敗退の危機に陥る。何より、これまで積み上げてきたものを何ひとつ示すことなくW杯が終わってしまう。そんな危機感を持って、試合前日には選手ミーティングでチームの意識をひとつにまとめるなど、できる準備はすべてして臨んだ一戦だった。

 この日のなでしこたちは、序盤から気迫が違った。一つひとつのプレーからその想いが伝わってくる。そうなれば、早い時間帯に欲しくなるのは先制点だ。スコットランドは、前半こそ日本とがっぷり四つに組むことに挑戦してくるだろうが、それが難しいとなれば、守備的な方向に舵を切ることも十分に考えられた。日本は相手の戦い方が変わってしまう前にゴールをこじ開けなければならない。

 日本は、開始から左サイドバックの鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)とサイドハーフに入った遠藤純(日テレ・ベレーザ)が、左サイドから積極的に仕掛けて流れを掴む。そして歓喜の瞬間は23分、出だしから好調だった遠藤のパスを受けた岩渕が豪快に叩き込んだ。しかも、渾身の一撃は痛めていた右足だった。

「久しぶりに右足で(シュートを)打って痛みがなくてよかった」と本人も安堵した様子。シュート練習ではセーブしていた右足を加減することなく振り抜いたのは、岩渕の想いの強さの表われだった。

 前回のW杯カナダ大会も故障を抱えた状態で参加していた岩渕は、苦しみながらグループリーグを戦うチームを見て、焦る気持ちを抑えこんで黙々と調整を続けていた。

「ここまで待ってもらっているんだから、絶対に結果を残したい」

 以前は澤穂希、宮間あやといったカリスマ選手たちの後ろを追いかけている立場だったが、今大会は下の世代を牽引する立場としてW杯に向けた準備をしていた。ところが、5月に右膝を痛めてしまい、再びケガを負った状態で臨むW杯となってしまった。

 国内での最終合宿では、岩渕のほかに阪口夢穂、小林里歌子、そしてすでにケガによって大会前に離脱した植木理子(すべて日テレ・ベレーザ)ら、攻撃に関わる4人が別メニューを強いられるという異常事態になっていた。

「今焦ってもう1回(ケガを)やったら終わりだから……。焦らず、フランスに入ったら何とかここ(別メニュー組)から一抜けする」と目論んでいた言葉どおりにケガ組から一番に抜け出した岩渕だったが、それは初戦のわずか5日前のことだった。

 アルゼンチン戦では、攻めあぐねる戦況を複雑な想いで見つめていた岩渕。打開の一手として途中出場するも、結果はノーゴール。「情けない」と、自身の役割を十分すぎるほど理解しているからこそ、チームの力になれなかった自分に苛立っているように見えた。そんな岩渕の想いが、この一撃には込められていた。

 チームに自信を持たせるゴールを決めるのは、ほかの誰でもない岩渕でなければならなかった。DFが真正面に立ちはだかっていても、左右のコースではなくど真ん中を狙った。しかもGKの頭上にシュートを打ち、ネットに突き刺したところに彼女の強い意志を見た。「みんなの気持ちが乗った」と表現した岩渕。このゴールでなでしこジャパンのワールドカップはようやく幕を開けた。

 その後も、菅澤優衣香(浦和レッズレディース)が、自らの突破で掴んだPKを決めて追加点。守備に大奮闘していた市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)の痛恨のミスから1点を失うが、そこは肩を落とす市瀬に選手たちが代わる代わる声をかけながら、全員で最後まで守り切った。

 そのあとに行なわれたイングランドvsアルゼンチンは、アルゼンチンの守備陣が日本戦と同様に再び健闘。イングランドのPKを阻むなどゴールを死守していたが、一瞬の隙を突いたイングランドが華麗なコンビネーションから得点を挙げ、1−0で勝利をおさめた。

 これにより、第2戦を終えてグループDの首位はイングランド。日本は2位につけた。19日(日本時間20日)のグループリーグ最終戦は、最大の難関であるイングランドとの対決となる。3月のシービリーブスカップ(She believesCup)では、完敗(0−3)している相手だが、スコットランド戦のいい流れをそのまま引き継いで、D組1位通過を掴みたい。