何度かデートはしたけど、彼とは全然仲良くなれた気がしない……。それ、もしかしたらデートでの話題選びに難があるのかも。

二人の距離を縮めるには、デート中に何を話すかが重要なんです!デートで話せば心の距離も近くなる!そんな話題とは?

子どものころの話題

「小さいころの話って和むよね。公園で話しているときに、相手の子が『子供のころ、木登りが好きで高いところまで行き過ぎて、降りられなくなってお父さんに怒られた』って話をしだして。

今はおとなしそうなのに意外だなと思いました。そこから子供のころから好きな本の話や、初恋の話になって、意外な面も見られたし、なんだか打ち解けましたね」(28歳・男性)

子どものころのことなら、楽しい思い出やクスッと笑えるエピソードがあるという人も多いのでは?

今現在の趣味や恋愛のことを話題にすると「探ってる?」と思われたり踏み込みすぎに感じることもありますが、子どもの頃のことなら話しやすいはず。

三つ子の魂百までというほど、小さい頃と基本的な考え方は変わっていないことも多いから、相手のことがよくわかる話題でもあります。

あまり気を配らなくても気まずくなりにくい話題ですが、彼に「子供のころどうだった?」といきなり聞くよりは、自分の子供時代の話から広げていくほうが失敗しにくいでしょう。

食べ物の話題

「何でもおいしく食べる子が好きなので、よく食べるのかそうじゃないのか、好き嫌いはあるのか、自炊するのか、普段のご飯の話を聞きたい。

そんな時、家でよく作る得意料理の話とか、行ってみたいレストランの話を聞けるといいよね。『それ、食べてみたい!』『一緒に行こうよ!』って盛り上がりたい」(32歳・男性)

食の相性って結構重要。食べるのが好きな男性からは、やっぱり食べるのが好きな女子がいい!という声もよく聞きます。

おいしいものの話は、そのまま「じゃあ次はそれを食べに行こうよ!」と盛り上がりやすく、次のデートの約束を取り付けるのにも一役買います。

極端な偏食などがない限りは、ごはんやカフェの話題は一定の盛り上がりを保証できる話題といってもいいでしょう。

仕事の話題

「仕事についての話が楽しくできる女子っていいよね。自分はいま、仕事に対して頑張ってる時期だから、同じように仕事の話ができる子ってすごく刺激を受ける。

ふわふわした子もかわいいけど、仕事頑張ってます!って女の子って魅力的だよ。付き合った後もお互い刺激を受けられそう」(26歳・男性)

男性は自分より上に立たれたり、仕事の話に口を出されるのは嫌なのでは……?と思いきや、「しっかり働いてる子が好き!」という人も多いんです。

仕事ができる女子は、人間関係にも気を使えるからむやみに男性にマウントを取らないし、話していて刺激を受けてときめく!のだとか。

なんでも「わかんない♡」で済ませる必要はないようです。“彼が何に関心を持っているか”は、相手を落とすうえで重要な情報。

アラサーにもなれば、仕事が最大の関心事だという男性も少なくありません。

無理にできる女に見せようとしたり、競おうとしなければ、仕事の話はお互いをよく知れる話題でもありますよ。

トーク術より話題選び

相手をよく知るといっても、変わった話をする必要はありません。

相手を深く知るツボを押さえた話題を振ってみれば、自然と会話も盛り上がるはず。笑顔で会話を楽しんで。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)