堤真一、末期がんだった父との最後の会話語る「元気でなと言われて」

ざっくり言うと

  • 堤真一が15日の番組で、末期がんで亡くなった父との最後の会話を明かした
  • 19歳のとき、上京前日に病室を出る間際で「元気でな」と言われたと回顧
  • 死期が近いと知りながらも励ましてくれ、廊下で泣き崩れてしまったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング